お風呂の鏡は曇り止め対策が必要!曇らせずに使う方法を紹介します!

生活の知恵

毎日使うお風呂、いざ鏡を使おうと思ったら鏡が曇って見えないなんて事ありませんか?

鏡の前で洗顔したり、男性だと髭剃りしたり鏡が曇って見えないと困りますよね。

私も以前はお風呂の鏡は曇るのが当たり前だと思っていたのですが、ちゃんと曇り止め対策すると以前より曇らなくなりました。

そう、お風呂の鏡は曇り止め対策すると曇らなくなるんです。

例えば、水アカ(ウロコや石鹸カス)が原因だと、それにあった掃除方法が必要になります。

また、お風呂の鏡を掃除して曇り止め対策をしておけば、鏡の寿命が長持ちさせることも期待できます。

頑張っても曇りを取り除けなくなり、鏡を買い替えるとなると数万円単位の出費になってしまいます。

こちらの記事では鏡が曇る原因と曇り止め対策をするメリット、また鏡の掃除方法を紹介していきます。

お風呂の鏡の曇り止め対策に3種類の曇り止めを紹介!

鏡が曇るのは、鏡自体と浴室内に温度差があるからです。

鏡は熱伝導率の低いガラス製でできているので、周囲の温度より鏡の温度は低くなります。

お風呂の空気が鏡によって冷やされることで水滴に変化し、それが光を反射して鏡が曇っているように見えるのです。

ということは、鏡に水滴ができないようにすることが曇り止め対策になるということ。

市販の曇り止め対策にはスプレータイプや塗るタイプ、鏡に貼り付けるフィルムタイプがあります。

この項目ではお風呂の鏡の曇り止め対策の種類について紹介します。

曇り止め対策スプレー

曇り止めスプレーは鏡面にさっとスプレーをして、乾いた布で液体を伸ばすように塗って使います。

これだと簡単に、しかも掃除のついでにできるのでいいですね。

曇り止めスプレーの効果は、一か月程度持続します。

毎月のお掃除ついでにスプレーをすれば、忘れないのでおすすめです。

中にはスプレーと一緒に、ふき取り用の布などセットになっているものや、拭き取らず水で流すタイプもあります。

あなたのご自宅にふき取り用の布がない場合は、水で流すタイプがおすすめです♪

また鏡面の汚れが著しい場合は、クリーナーがセットになっている商品を探してみるといいですね。

まずは汚れをしっかり落としてから施工すると、長持ちかつきれいな仕上がりになると思います。

塗るタイプ

塗るタイプは容器のふたをとって、鏡に塗るだけなので手軽に使えます。

手も汚さず簡単に曇り止め対策ができるので、掃除などにあまり時間が取れない人におすすめです。

製品にもよりますが10回程度で効果が切れてしまうようです。

スプレーより手軽だけど、頻繁に塗らないといけないのが悩ましいですね。

ですが中には鏡が水にぬれた状態で使用できるタイプがあり、頻繁に塗るのが面倒と感じる場合におすすめ!

ちょっと鏡の曇りが気になる時に、サッと濡れますから。

浴槽掃除や入浴のタイミングで使いたい場合、ぬれた状態でも使えるタイプを選んでみてくださいね。

貼るタイプ

フィルムタイプは直接鑑に貼り付けるので、その効果が一番長く続く曇り止め対策の方法です。

使う製品によっては、一年程度効果が続くのもあるようですね。

直接フィルムを貼るのは少し面倒ですし、手間ですがこんなに効果が続くならいいかなと思います。

ただ貼るときにキレイに貼り付けないと見た目が悪くなってしまうので注意しましょう。

もし不安なら、気泡が入りにくいタイプのフィルムを選びましょう。

フィルムタイプは鏡のサイズに合わせて選ぶのもポイントです!

鏡全体の曇り止め対策をしたい場合、一回り大きいものを選んで、カットして使うのもおすすめですね。

 お風呂の鏡に曇り止め対策するメリットを解説

きちんと曇り止め対策をすると、鏡の掃除回数が減る、曇らず使える期間(寿命)が伸びるというメリットがあります。

おそらくどの家庭でも悩んでいるだろうお風呂の鏡の曇り問題に、何も対策していない家庭も多いのではないでしょうか。

 

曇るけど、別に「見えない。」と困っていないからなぁ。

この考え、実はもったいないかもしれません。

今回曇り止め対策をした方がいいメリットを詳しく解説しますので、参考にして下さいね。

鏡の掃除の回数が減る

鏡が曇るの原因は小さな水滴がついてしまったり、ミネラル分(水アカ)、石鹸カスなどの汚れもついているからです。

曇りやすい鏡というのは、汚れやすい鏡ということでもあります。

これを防ぐには日々の掃除がかかせませんが、毎日のお風呂掃除だけでも重労働で大変なのに鏡まで掃除するとなると大変です。

ですがきちんと鏡の曇り止め対策しておけば、汚れがつく頻度を抑えられます。

さらに水アカなども残りにくくなるのでオススメなんです。

鏡の寿命が伸びる?

鏡の寿命ってどのくらいだと思いますか?

鏡は普通に使っていると、10年くらいは使えるようです。

曇りの原因となる汚れやカビなどを取り除くことで、曇り止め対策に加えて鏡の劣化を抑えることが期待できますよ。

ですが、表面が汚れやカビなどで劣化してしまった場合は別になります。

買い替える場合は一枚辺り数万円位かかってしまうものなんです。

余分な出費しないためにもできるだけ長く使いたいですね。

手入れすることで長持ちするので、今日から実践しましょう♪

お風呂の鏡にはクエン酸や重曹でウロコ取りしよう

ウロコ状の水アカはアルカリ性の汚れなので、クエン酸が入っている酸性の洗剤を使うといいですね。

クエン酸は自然由来の成分になるので、小さい子供さんがいる家庭でも安心して使えます。

曇りの原因は水あかだけでなく、石鹸カスによるものもあります。

石鹸カス汚れは酸性の性質があるので、アルカリ性の重曹を使うと汚れ落ちが期待できます。

この項目では鏡汚れの原因に合わせたクエン酸、重曹での掃除方法について詳しく解説します。

水アカ汚れにはクエン酸

アルカリ性の性質を持つ水アカ汚れには、酸性のクエン酸を用いると汚れ落ちが期待できます。

クエン酸を使った掃除方法
<用意するもの>
クエン酸小さじ1杯
水100ml
タオル3枚

まず、クエン酸水を作ります。水100mlに対してクエン酸小さじ1杯の割合で溶かします。

クエン酸は溶けにくいので別の容器に溶かしてからスプレー容器に移します。

<クエン酸スプレーでウロコ落としする方法>
①クエン酸水をタオルにスプレーして鏡を拭く。
(クエン酸水は酸性の液体なので金属につくとさびてしまいます。蛇口には金属が使われているので液がたれない様に注意します)

②水で濡らしたタオルで鏡を拭く。
(クエン酸水が鏡に残った状態で塩素系漂白剤が入っている洗剤が混ざると有毒ガスが発生するのでクエン酸水はよく拭きとります)

③乾いたタオルで鏡を拭く。
鏡に水滴が残っているとまた水アカの原因になるのできちんと拭きとりましょう。

クエン酸スプレーは作ったあと、1週間以内に使い切りましょう。

常温で1週間以上保管していると、カビが生える、あるいは効果が薄れてしまう可能性があるからです。

クエン酸スプレーは水アカ汚れに強いので、トイレの汚れ掃除や電気ケトルなどの掃除にも使用できるのがいいですね。

また人工大理石が使われている場合、クエン酸スプレーがかからないようビニールで覆うなどの対策をしましょう。

大理石は酸性に弱く、変色してしまう可能性が高いからです。

正しく使えばクエン酸は水アカ汚れに有効なので、とっても便利です。

ぜひほかの掃除にも活用し、水回りの汚れをピカピカにしましょう♪

石鹸カス汚れには重曹

石鹸カスが原因の汚れにも、クエン酸で掃除すればいいでは?と思いますよね。

ですが石鹸カスによる汚れは酸性の性質があり、酸性のクエン酸ではあまり効果を感じられないでしょう。

石鹸カスが原因の汚れには、弱アルカリ性の重曹を使うのがおすすめ。

では重曹を使ったウロコ落としの方法を解説します。

重曹を使った掃除方法

<用意するもの>
重曹小さじ1杯
スプレー容器
キッチンペーパー

まずは重曹水を作ります。

重曹小さじ1杯を水100mlに溶かせば完成です。

完成したものをスプレー容器に入れて使います。

<重曹スプレーでウロコ落としする方法>
①重曹水をタオルにスプレーして鏡を拭く。
(重曹水はアルカリ性の液体なので大理石、アルミや銅の素材のものに触れないようにしましょう)

②水で濡らしたタオルで鏡を拭く。
(重曹水が鏡に残った状態で酸素系漂白剤が入っている洗剤が混ざると有毒ガスが発生するので重曹水はよく拭きとります)

③乾いたタオルで鏡を拭く。
鏡に水滴が残っているとまた水アカの原因になるのできちんと拭きとりましょう。

あなたのご自宅の浴槽などに、人工大理石が使われている場合は重曹スプレーで掃除は避けましょう。

重曹に含まれる成分や研磨剤により、大理石に傷がついて変色などの原因になります。

ですがその研磨成分があるので、重曹はお鍋のコゲ落としやグリルの汚れ落としなどにおすすめ。

ぜひ活用し、キッチンの油汚れもピカピカにしましょう♪

クエン酸や重曹を使うときの注意点は?

クエン酸や重曹を使ってウロコ落としするときの注意点は、なるべく素手で触らないことです。

直接手で触ると、皮脂汚れがついてしまうからです。

もちろんクエン酸や重曹が手に触れると、肌荒れしてしまう可能性もあります。

掃除用の手袋を装着しておけば、皮脂の付着や肌荒れを防げると思います。

また毎日のお風呂のあとに、鏡の水気を取っておきましょう。

スクイジーなどを使ってしっかり水気を取っておけば、汚れがつきにくくなると思います。

ぜひ日々の手入れや掃除の注意点を守って、鏡が曇らないよう対策していきましょう。

まとめ

  • お風呂の鏡の曇り止め対策にはまずは鏡の汚れにあった掃除をする
  • 掃除をしたら皮脂汚れの原因になるので鏡には直接手を触れない様にする
  • 毎日のお風呂の時に鏡の水気を切っておく
  • お風呂の鏡の曇り止め対策のスプレーを使う
  • お風呂の鏡の曇り止め対策の液剤を使う
  • お風呂の鏡の曇り止め対策のフィルムを鏡に貼る

これまでお風呂の鏡は何も対策してなかった人がほとんどではないでしょうか。

私もそうでした。

何も対策しないのも鏡にとって良くないのでこの機会に曇り止め対策してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました