ベビーゲートが階段上に不可はなぜか理由を解説!ネジ固定式なら可能

さくら
さくら

階段上にベビーゲートを置きたいけど、設置不可のものがあるのはなぜなのだろう?

あなたの大事なお子さんを階段上から転落させないために、ベビーゲートを設置したいと思いますよね。

階段上に設置不可のベビーゲートがあるのはなぜなのでしょうか。

その理由は、ベビーゲートごと転落の可能性があり危険だからです。

階段上に設置不可のベビーゲートは突っ張り式のタイプです。

壁に穴を開けてネジで固定するタイプなら階段上に設置できますよ。

本記事では、突っ張り式のベビーゲートが階段上に設置不可はなぜなのか、理由を解説します。

さらにベビーゲートを選ぶときのポイント、おすすめの商品などを紹介しています。

また、壁に穴を開けたくないというあなたへ、補修方法も紹介していますよ♪ 

私がおすすめするのはバリアフリータイプです。

息子が小さい頃、ほんの僅かな段差につまづき前歯を折った経験があるので、足元に段差がないタイプを全力でおすすめします。

ベビーゲートで階段上に不可がなぜなのか理由を解説

ベビーゲートを探していると、階段上へ設置不可の商品が多いのはなぜなのでしょうか。

階段上へ設置不可のベビーゲートを設置してしまうと、子どもが転落する危険性があるのです。

階段上に設置不可のベビーゲート
  • 壁を傷つけない突っ張りタイプ
  • 置くだけタイプ

あなたの大事なお子さんを守るために取り付けたベビーゲートと転落してしまうなんて、想像するだけで怖いですよね。

壁に突っ張るタイプや置くだけのタイプが階段上へ設置不可なのです。

なぜなのかは子どもの重さに耐えられないから。

オレンジ
オレンジ

理由を知らずに購入してしまうとせっかく選んだベビーゲートで子どもが危険な目に合うかもしれません。

階段上へは設置不可の記載がないベビーゲートを設置しましょう。

ベビーゲートに限らず、なぜ?と思ったことを解決できると、子どもの安全をさらに守ることができるでしょう。

ベビーゲートで階段上におすすめなのはバリアフリー

階段上に設置できるベビーゲートは安全を強化するため、壁に穴を開けるネジ止めやビス止めタイプです。

私がおすすめするベビーゲートは、こちらのバリアフリータイプ。

階段上でもつまずくことがなく安心です。

私の息子が家の中のわずかな段差につまずき、転倒したことで前歯が折れたという話は前述の通り。

これからベビーゲートを購入する方には、足元にフレームがない完全バリアフリータイプのこちらを全力でおすすめします。

リッチェルのバリアフリーゲートは段差が一切なし!

最大のおすすめポイントは、足元にフレームによる段差が一切ないため完全に足元がバリアフリーなこと。

さらにおすすめのポイントは、

木のバリアフリーゲートのおすすめポイント
  • 対象年齢が新生児〜24ヶ月
    • 6ヶ月から24か月が対象年齢のベビーゲートが多い中、こちらは新生児からが対象です。
    • ズリバイが早く始まるお子さんもいるため、生後6ヶ月に達する前にも安心して取り付けられます。
  • 片開きドア
    • 万が一階段側に扉が開いてしまっては大変。階段側に開かないから安心です。
  • オートロック&オートクローズ機能
    • ベビーゲートの設置に慣れると、いつの間にか扉を閉め忘れてしまう可能性も。
    • 閉め忘れたら、ベビーゲートを設置していないのと一緒ですのでオートロック機能も外せない条件です。
  • 90度で開放状態をキープ
    • 買い物で重いものを持ったまま通り抜けたいときに、開放状態をキープできるのは便利なポイント♪
オレンジ
オレンジ

国内メーカーさんの商品なら、問い合わせをしたいとき電話やメールで相談できるので安心です。

長く使用するものだから、疑問が出てきたときにすぐに問い合わせできる環境は嬉しい条件ですね。

バリアフリーゲートの口コミは安心という高評価が多い

実際に公式ストア、yahoo!ショッピング、楽天市場で調査した口コミをまとめました。

よい口コミ

・自動ロックがあって安心。買ってよかった。

・足元に段差がないので階段上に置いても安心。

・子どもが上り下りできるようになっても見た目の木の質感もよいので、ロックかけずに開けっ放しでもスッキリ。

・ロックを解除し、さらに上に持ち上げないと開けられない作りになっています。

・3歳半の子どもがいたずらしても開けられないが、大人は子どもを抱えながら開けることができる。

・1歳の子どもがフェンスを揺らしてもびくともしない

口コミの中には、インテリアの邪魔にならない見た目の良さについてのコメントも多く見られました。

さくら
さくら

木製でナチュラルテイストなので家に馴染みそうですね。

使わない期間があっても、存在を気にせず済みそう♪

ネジで固定する必要があるため、設置に苦労したという口コミが見られました。

よくない口コミ

・設置が大変でした

・ネジが長いので取り付けに苦労した

ネジが長い分、取り付けは大変ですが壁にしっかりと固定してくれるのでその分安心です。

短いネジだと壁から取れやすくなるので非常に危険。

設置作業については、重量が4.1kgあるため女性一人で設置するのは難しいかもしれません。

大人が2人いると心強いですね。

ベビーゲートを階段上で穴開けないは無理だが補修は可

残念ながら、いまのところ階段上にベビーゲートを設置する際に穴開けない方法はありません。

壁に穴開けない方法はありませんが、ベビーゲートを取り外した後の穴の補修方法を紹介します♪

壁に開いた穴の補修方法
  • ステップ1
    補修剤を用意する
  • ステップ2
    ネジ穴をカッターなどで平らに整える
  • ステップ3
    ネジ穴を埋める
  • ラベル
    乾燥させる

ホームセンター等で補修剤さえ購入すれば、開いた穴もほぼ元通りです。

オレンジ
オレンジ

補修剤はご自宅の壁に合う色を選びましょう♪

壁の穴の補修方法が分かれば、階段上の壁に穴開けないでベビーゲートを設置したかった場合のハードルが下がりますね。

ただし、あくまでも補修ですので、完全に元通りにはならないので気をつけてください。

まとめ

  • 階段上に設置不可のベビーゲートは突っ張りタイプや置くだけのタイプ
  • 設置不可がなぜなのかは子どもの重さに耐えられずに転落する可能性があるから
  • 階段上に設置できるのは穴を開けてビスやネジで固定するタイプのベビーゲート
  • リッチェルの「階段の上でも使える木のバリアフリーゲート」がおすすめ
  • おすすめのポイントは「対象年齢が新生児から」「片開きドア」「オートロック&オートクローズ」「90度でキープ」の4つ
  • よい口コミは見た目や使いやすさについてなどたくさんあった
  • よくない口コミは「設置が大変」などだが、安全面を考えると許容範囲
  • 壁に穴を開けないで設置する方法はないが、ベビーゲートを取り外したあとに穴を補修する方法を紹介

本記事では、なぜ階段上に設置不可のベビーゲートがあるのかをご紹介しました。

これから他のベビー用品を購入する際にも、なぜ?と思ったことを解決することで子どもの安全をさらに守ることができるかもしれません。

ご自宅に階段のある方は、子どもがあちこち動き回る前にベビーゲートの設置を検討して安心して育児ができる環境にしましょう。

足元バリアフリーが絶対外せない条件だから、階段上におすすめのベビーゲートは階段の上でも使える木のバリアフリーゲートです。

見た目もよく、丈夫でおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました