タトラスダウンのクリーニング店は実績が大事!長期愛用の秘訣も伝授

さくら
さくら

タトラスのダウンをクリーニングするには、どこにお願いするのがいいかしら?

タトラスのダウンは、実績と信頼のあるクリーニング店でお願いすることで、綺麗と品質を保ち長く愛用できますよ。

高級ダウンは、身近なクリーニング店に持っていっても、入口に「高級ダウンはお引き受けできません」と門前払いされるケースがあります。

引き受けてもらっても表の生地が傷んだり、ダウンが偏ったりして失敗されてしまうケースも。

クリーニングに出して、綺麗になるどころか傷んで返ってくるようでは、困りますよね。

タトラスのダウンを、おすすめするクリーニング店に出して、正しく保管すると長期で愛用できますよ♪

この記事を読めば、絶対に失敗しないタトラスダウンのクリーニング方法や保管について分かるので、ぜひ最後までご覧くださいね。

ちょっとした汚れは自分でどうにかしたいですよね。

表面の汚れをサッと拭いておくことで、汚れの染み込みやニオイの発生を防げるこちらのふき取りシートがおすすめですよ。

タトラスダウンクリーニングは高級ダウン取扱実績店で

タトラスのダウンは、高級ダウンをクリーニングしていて、実績があるお店にお願いすれば、丁寧に洗い上げてくれるのでおすすめですよ。

理由は、タトラスダウンを安心してお任せできるのは、普段から高級ダウンを扱っているクリーニング店には、知識と技術があり、安心だからです。

タトラスのダウンコートの中身は、高品質なポーランド産のホワイトグースを使用していて、ダウン95%・フェザー5%で最高純度の割合で高水準を誇っています。

ミラノ発のスタイリッシュなデザイン、高品質な羽毛、安定した管理でハイレベルな商品を、購入後の管理をしっかりすることで長く愛用できますよ。

タトラスのダウンを購入したなら、その後のお手入れについても知っておきましょう。

ダウンは水洗いが基本!ドライクリーニングはNG

タトラスに限らず、ダウンコートは、水で洗うのが基本で、ドライクリーニングをすることはダウンのふんわり感が失われてしまうので、NGです。

ダウンは、洗剤を使い羽毛の油を洗い流してしまうと、空気を抱きこめず、ふんわりした質感を失ってしまいます。

私は、羽毛に油があることに、驚きました。

ダウンコートの洗濯表示には、ドライマークがある場合が多いのですが、これは、家庭で激しい洗濯を避けてほしいという企業の懸念から表記しています。

ブランドの性質を知らないクリーニング店で、洗浄力の高いドライクリーニングをした場合、表面の汚れは綺麗になっても、ダウンのボリュームがなくなる可能性が高いです。

さくら
さくら

いつものクリーニング店に、普段の信頼だけで任せるのは、恐いですね。

高級ダウン取扱店のおすすめするクリーニング店が安心

タトラスのような高級ダウンコートを出すなら、同じような高級ダウンを扱うブランドがおすすめするクリーニング店が安心です。

タトラスのような同じ高級ダウンコートを取り扱うブランド「カナダグース」がおすすめしているクリーニング店があります。

その「カナダグース」がおすすめするクリーニング店と高級ダウンコートコースがあるクリーニング店を比較してみましょう。

カナダグースがおすすめする、「クリーニング・カラキヤ」の料金と特徴はこちら
   ↓

<店舗名><ダウン料金><特徴>
カラキヤ  ・ジャケットタイプ
8,140円
・コートタイプ
11,000円
・毛皮フード+1,500円
・製品ごとに合った
クリーニング
・撥水、脱臭加工
オプション有
・全国宅配対応可能

カラキヤは、特に高額なイメージではないのですが、基本料金に含まれるオプションがないことが分かります。

店舗があり、宅配も対応できるので、同じような高級ダウンコートのメーカーがおすすめする信頼できるクリーニング店と言えます。

高級ダウン取り扱いの実績がある店舗4選

高級ダウンの取り扱い実績を売りとしているクリーニング店を選ぶのもおすすめで、これから紹介する4店は、安心してお願いできますよ!

高級ダウンコートの実績があるおすすめクリーニング店はこちら↓

KILEINA

<料金>
・ミドル9,900円
・ロング11,000円

<特徴>
・ダウン専用オプション有
・高級ブランド、特殊素材対応
・宅配全国対応可能

KILEINAの特徴は、繊維を見極めて、ひとつひとつ丁寧に水洗い、デザイン性のあるものも対応してくれるところが特徴。  

リネット

<料金>
・ジャケット3,135円
・コート3,465円

<特徴>
・贅沢仕上げコース有
・24時間スマホ申し込み可能
・宅配全国対応可能

リネットは、高級素材(シルクやカシミヤ)や高級ブランドのそれぞれに合った最適な工程で丁寧に仕上げてくれることと、贅沢手仕上げコースがあり、おすすめできます。

プロショップひらいしや

<料金>
・ジャケット8,650円
・コート10,850円
・ベスト7,550円

<特徴>
・高級ダウン専門店
・抗菌加工、消臭静電気防止、
汚れ落ち加工付き
・手作業丸洗い
・往復送料無料
・全国宅配対応可能

プロショップひらいしやの場合は、高級ダウンを含め26,000着以上のクリーニング実績があり、専門職人の手で仕上げる信頼のクリーニング店なのですよ。

ワードローブトリートメント

<料金>
・ベスト6,490円
・ジャケット9,130円
・コート10,230円

<特徴>
・「一客洗い」採用
・簡単な染み抜き無料
・全国宅配対応可能

ワードローブトリートメントは、一着ずつ洗う究極の「一客洗い」を採用していて、あなたのお洋服だけを特徴や汚れ具合、着用回数に合わせて洗浄してくれますよ。

どこを選んでも、持ち歩くにはかさばるダウンを宅配でお願いできるのが、嬉しいポイントですよね♪

上記4店は実績があり、クリーニングの技術は信頼できるので、あなたに合った料金や特徴で選んでみましょう。

タトラスの補修と修理は実績のあるクリーニング店で

タトラスダウンの破れや焦げ穴は、タトラスを扱ったことがあるクリーニング店なら、仕立て方や同じ布を確保でき、対応が早いです。

購入したてで付いてしまった傷や破れには、ヒヤッとしますよね。

しかし、クリーニング店では、ひっかっけてしまったちょっとした破れや焦げ穴の修理をお願いできますよ。

過去に同じ衣類を扱った経験のあるお店にお願いすることで、安心感と同じ素材を入手できるかなどの仕立て上がりの速さも、変わってきます。

普段から高級ダウンの扱いが少ないお店にお願いすると、布の確保に時間がかかることや、無理な補修で満足な仕上がりにならないことがあるので注意が必要。

大事なタトラスのダウンは、高級ダウンを多く取り扱うクリーニング店にお願いして、目立たない状態まで補修してもらい、気を付けて着用しましょう。

オレンジ
オレンジ

実績は信頼と安心に繋がりますよ!

タトラスダウンクリーニングを白洋舎で店舗ごとに相談

タトラスのダウンをクリーニング店大手の白洋舎にお願いするときは、口コミの確認と店舗や集配の方と内容を相談してから決めるのが安心です。

高級ダウンは、高価だからこそ長く愛用したいですよね。

大手でも口コミやクリーニングの内容をちゃんと確認してからお願いするといいですよ。

白洋舎は、日本のクリーニング業界の中でも最大手の老舗クリーニングチェーンで、ハイクオリティで評判です。

高級ダウンコートの料金設定もありますが、タトラスのダウンのような大事な一着をお願いするなら、そのままお任せするのには、注意が必要です。

この項目では、白洋舎にお願いする場合の注意点を詳しく解説します。

白洋舎のクリーニングの口コミは店舗ごとにチェック

大手で実績のある白洋舎の高級ダウンの口コミは、仕上がりが綺麗と絶賛する人もいますが、店舗の多さから悪い口コミもあり、店舗ごとにチェックすると良いです。

理由は、白洋舎は、最大手で店舗数が多い分、店舗によって口コミのばらつきが見られたから。

ダウンコートや羽毛布団など、色々な種類の羽毛を扱っているので、羽毛に対するノウハウがあり、タトラスのダウンをお願いできることは可能です。

また、洗浄品質のチェックを定期的に行っているので、高品質。

実際にお願いした方の口コミはこちら↓

【良い口コミ】

  • 仕上がりが綺麗
  • 基本料金が安くて、サービスチケットが貰えて得した
  • 要望を伝えることができて、仕上がりが満足
  • 高級ダウン専門クリーニング店より安かった

クリーニングの仕上がりが綺麗なのはもちろん、明確な料金設定とサービス券の配布で顧客の満足度が高いことが分かりますね。

一方で店舗によっては、悪い口コミも見られました。

【悪い口コミ】

  • 高級ダウンが傷だらけで返ってきた
  • マット素材にアイロン当てすぎでテカテカになってしまった
  • ボリュームが元に戻らなかった

白洋舎は店舗数が多くて宅配も可能、ダウンコート以外の服や布団なども一緒にクリーニングできるので、利用しやすいのが良い点。

しかし、タトラスのダウンを白洋舎でクリーニングするときは、店舗ごとで口コミを確認してからにしましょう。

オレンジ
オレンジ

白洋舎で宅配の場合には、集配の際に不明点を確認するといいですよ。

タトラスダウンのクリーニングは白洋舎なら相談で発注

白洋舎でタトラスのダウンをクリーニングするなら、要望を聞いてクリーニングしてくれるカスタムクリーニングがおすすめです。

白洋舎のカスタムクリーニングは、最高レベルの技術者が要望に合うように、詳細なカルテを作成して、ひとつひとつ丁寧に仕上げてくれます。

高級ダウンは、商品ひとつひとつの品質表示に従いクリーニングしてもらうのが一番なので、専門店以外では相談してクリーニングをお願いできるのが特に良い点です。

カスタムクリーニングは、カルテの情報を元に丁寧に洗い、シミを抜き、仕上げていく最高品質のこだわりのコースなので安心してお願いできますよ。

オレンジ
オレンジ

ほつれやボタンのゆるみにも対応してもらえます。

タトラスのダウンは、大事な一着だからこそ、技術者の方に要望を聞いてもらえるのは、嬉しいですよね。

工程の最終審査では、風合いや着心地もチェックして最高の仕上がりに。

最後に立体感をキープできる厚みのあるハンガーと、ホコリよけと通気性を考えた不織布のカバーをかけてくれるので、大事な一着を意識した高いサービスが受けられます。

さくら
さくら

ハリガネや細いプラスティックのハンガーではないのがいいわね。

タトラスダウンクリーニング頻度は年に一度で長期愛用

タトラスのクリーニングの頻度は、年に一度シーズン終わりにしまう前、もしくは汚れが気になったときに行うことで長期にわたり愛用できます。

ダウンは着用していると、外気や汗で見た目以上に汚れているので、クリーニングすることは大事なのです。

高級ダウンは高価なぶん、ちゃんとした管理をすることで、価格に見合った品質とデザインで長く愛用できます。

高頻度でクリーニングしてダメになってしまったら、元も子もありませんよね。

この項目では、タトラスのダウンをクリーニングに出す頻度と理由について詳しく解説します。

クリーニングのしすぎは禁物!おすすめは年に一度

タトラスに限らず、ダウンを頻繁にクリーニングに出すのは、生地の傷みの原因になるためおすすめしません。

タトラスダウンの主成分である羽毛は、ドライクリーニングによって動物性油脂が抜けてしまうので、ダウン特有のボリュームがなくなってしまう可能性があります。

ボリュームダウンになってしまうと保温性が劣ってしまう可能性があるので注意が必要。

また、タトラスダウンの作りは、ファスナーやボタンの装飾が繊細なので、通常のダウンよりも破損のリスクがあるのです。

このように失敗しないためにも、頻繁にクリーニングに出すことはやめましょう。

オレンジ
オレンジ

見た目が綺麗だと思うなら、シーズンが終わってからクリーニングに出しましょうね。

ワンシーズン着用後はクリーニングへ!汚れ放置は注意

ワンシーズン着たタトラスのダウンには、汚れが付着しているので、そのまま長期間保管すると生地が傷んでしまう可能性があります。

そのまま長期間保存してはいけない理由は、全くクリーニングをしないことで虫食い・カビ・臭いの原因になる恐れがあるからです。

ワンシーズン着用したタトラスのダウンには、見た目が綺麗でも、汗・雨・外気・ホコリによって汚れが付いてしまっているのです。

私の場合、外出時にダウンを着ていると、ショッピングセンターなどの室内で脱がずに冬でも汗をかいてしまうので、見た目が綺麗でも、クリーニングに出していますよ。

汚してしまったとき以外は、ワンシーズン着用後に衣替えのタイミングでクリーニングに出すと良いです。

クリーニングが終わったら、適切な方法で保管しましょう。

さくら
さくら

衣替えと同時にクリーニングに出して、長期保管をお願いするのもいいかも♪

表面のちょっとした汚れには専用クリーナーが便利

頻繁にクリーニングに出せないタトラスのダウンの表面汚れは、放置せずに専用のクリーナーでふき取ることで、品質を保持でき便利ですよ。

一部に皮脂やファンデーションが付いてしまい、そのまま放置してしまうと、その部分だけカビや傷みの原因になってしまうので、綺麗にする必要があります。

大きな汚れではないし、クリーニング出すのも安くないので、ちょっとの汚れでクリーニングに出すのはちょっとためらってしまいますよね。

そんな時には、サッと落とせる「衣類の汚れふきとりウェットシート」があると便利ですよ。

ふき取りウェットシートは、なかなか洗えないダウンの襟や袖に付いた表面の汚れをサッとふき取れます。

拭くだけで手軽にお手入れできるなら、時間がかからずに簡単にできて良いですよね。

このウェットシートでサッとふいておくと、シーズン初めの汚れがしつこく染みついてしまうことを簡単に防げますよ。

高価なタトラスダウンは、安易に自己判断で洗剤などを使って擦ってしまうと生地を傷める原因になるのでやめましょうね。

さくら
さくら

自己判断せず、素材に合った商品を使って綺麗を保つわ。

クリーニング後はハンガーとカバーを変えて長期保管

タトラスなどの高級ダウンコートを保管する場合は、ハンガーを肩にあたる部分が広いものにして、風通しの良い場所で保管しましょう。

クリーニング店から返ってきたダウンのハンガーは、プラスティック製の細い作りのものが多く、そのままかけておくと肩の形が崩れてしまいます。

クリーニングから戻ったら、肩があたる部分が幅広いハンガーに変えて、型崩れを防ぎましょう。 

また、ビニールカバーは、風通しが悪くなり、カビの原因になるので、そのまま保管せずにすぐ外してください。

ほこりや汚れから守るためにカバーをかけておきたいなら、通気性の良い不織布製のカバーをかけることをおすすめします。

保管方法の注意点をまとめました。

注意点
  • 圧縮袋は避ける
  • 細いハンガーは型崩れの原因になる
  • クリーニングのカバーはすぐに外す
  • カバーは通気性の良い不織布製を使う

かさばるダウンを収納するために、圧縮袋を使うとふわふわのダウンが潰れてしまいます。

ダウンを収納する場合は、余裕のあるスペースを確保するか、クリーニングの長期保管サービスを検討してみるといいでしょう。

また次の冬も、お気に入りのタトラスダウンを綺麗に着られるように、正しく保管しましょうね。

まとめ

  • タトラスのダウンは、丁寧に洗い上げてくれる高級ダウンコースがあるクリーニング店にお願いする
  • タトラスのダウンをクリーニングに出すなら、同じような高級ダウンブランドがおすすめするクリーニング店が安心
  • タトラスダウンの破れや焦げ穴は、タトラスを扱ったことがあるクリーニング店なら、仕立て方や同じ布を確保でき、修繕の対応が早い
  • 大手で店舗の多い白洋舎は、店舗に寄って口コミにばらつきがあり残念な口コミもあるので、店舗ごとに確認すると良い
  • 白洋舎でタトラスのダウンをクリーニングするなら、要望を聞いてクリーニングしてくれるカスタムクリーニングがおすすめ
  • タトラスに限らず、ダウンを頻繁にクリーニングに出すと、生地の傷みの原因になるため、おすすめしない
  • ワンシーズン着たタトラスのダウンには、汚れが付着しているので、そのまま長期間保管すると生地が傷んでしまう可能性がある
  • 頻繁にクリーニングに出せないタトラスのダウンの表面汚れは、放置せずに専用のクリーナーでふき取ることで、手間なく汚れをサッと落とせる
  • タトラスなどの高級ダウンコートを保管する場合は、ハンガーを肩にあたる部分が広いものにして、風通しの良い場所で保管

タトラスのダウンは、スタイリッシュなデザインが素敵で、流行りに流されることなく、長く着られますよね♪

正しい知識と実績を持ったクリーニング店を選んで、一年に一度クリーニングすれば、長年愛用できてとてもいい商品だなと思いました。

この記事を読んで、あなたのタトラスのダウンが長く使えたらいいなと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

シーズン途中のちょっとした汚れは、サッとふき取れて消臭効果があるこのウェットシートを使うのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました