羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで清潔になる!ポイントを紹介

羽毛布団は、コインランドリーで洗えるのかしら?

羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで洗濯することが可能です。

肌寒くなり始めると羽毛布団を使いたくなりますよね。

羽毛布団を出してみると以前よりボリューム感がなくなっていたり、しまっている間に布団にダニが沸いていないだろうかと心配になったり…。

いざ羽毛布団を洗濯したいと思っても、自宅で洗うのは難しいし手間もかかってしまいます。

また、水洗いして羽毛のふわふわ感がなくなり、ぺちゃんこの羽毛布団になってしまうのは絶対に避けたいですよね。

乾燥のみで済むのならば、そんな心配もなくなります!

この記事では羽毛布団をコインランドリーの乾燥のみで清潔にする方法や、失敗しないための注意点を紹介します。

ふわふわの布団で眠りたいあなたは必見です!

羽毛布団を更にふわふわにさせたいと思いませんか?

羽毛布団と一緒に柔軟シートを乾燥機に入れるだけで、ふわふわの布団になるのでおすすめですよ♪

羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで清潔にできる♪

羽毛布団は、コインランドリーの乾燥のみでいいって本当?

羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで大丈夫です!

布団を日干しすると良いと知っていても、重い布団を外に干すのは意外と大変…

羽毛布団のボリューム感や気になるにおいは、コインランドリーの乾燥のみで解決できてしまうのです!

また、ベランダがあまり広くないお家だと、外に干すことが難しく日干ししたくても出来ないという場合もありますよね。

羽毛布団は見た目ではわかりませんが、とても汚れており、羽毛布団がぺちゃんこになるのは、毎晩私達がかく200mlもの汗を吸っているからだとか。

そう考えると今すぐにでも、羽毛布団をきれいにしたくなりますよね!

ここでは羽毛布団をコインランドリーの乾燥のみで使用する際の、乾燥機を扱う手順や知っておきたい注意点を解説していきます。

羽毛布団のダニ対策はコインランドリーの乾燥のみでOK

羽毛布団のダニ対策は水洗いなしの乾燥のみでも、十分な効果を得ることが可能です!

布団にダニが沸いてしまうと、アレルギーの原因になってしまいます。

喘息やアトピー性皮膚炎をなどのアレルギーを持っている場合や、小さなお子さんがいるご家庭だと布団のダニは特に気を付けたいですよね。

コインランドリーには布団専用の乾燥機が置いてあることも。

普通の乾燥機よりも湿気を追い出すこともできるので、よりふわふわに仕上げることが出来ます。

また、ダニは50℃以上で死滅するそうです!

しかし、70℃以上の高温になると羽毛がダメージを負ってしまうため、高温になりすぎないように注意しましょう!

設定温度は50~60℃にしておくとダニ退治もできて、羽毛も傷つけることがないので安心ですね♪

ちなみに布団専用の乾燥機ではなくても機種によって低温、中温、高温を選択できるものがあります。

コインランドリーの乾燥機で設定できる温度の目安は下記の通りです。

高温:約70~80℃

中温:約60~70℃

低温:約50~60℃

ここで使用する温度設定は羽毛布団を傷つけず、ダニを退治できる温度の低温にするのがよさそうです。

コインランドリーを上手に利用しながら、清潔な羽毛布団を保ちましょう!

羽毛布団をコインランドリーで乾燥機にかける手順

羽毛布団をコインランドリーで乾燥機にかける方法をご紹介します。

普段コインランドリーを利用しない場合、羽毛布団を失敗せずに乾燥機にかけられるのか心配になりますよね。

とても簡単なのでぜひここで覚えていってくださいね♪

羽毛布団をコインランドリーの乾燥機を使用する手順
  • STEP1
    羽毛布団をカバーからはずす

    乾燥機に入れる前に羽毛布団を布団カバーから外しておく(家で外してから行くとスムーズ)

  • STEP2
    羽毛布団をふたつに折りたたむ

    羽毛布団を乾燥機に入れるときはふたつ折りにする

    乾燥機のドラムに沿うように布団を広げると、乾燥機の風が羽毛布団に当たりやすく乾燥しやすくなる

  • STEP3
    大型の乾燥機にいれる

    羽毛布団は乾燥すると膨らむため大型の乾燥機を選ぶ

    羽毛布団を入れた時に乾燥機のドラム内が9割ほど埋まるサイズ感が理想

    羽毛布団よりもドアが小さすぎた場合きちんと乾燥できない原因になる

  • STEP4
    乾燥をスタート

    乾燥したい時間を設定してボタンを押す

    この時羽毛布団コースがあれば、そのコースを設定する

    せっかくならふわふわのお布団がいいですよね。

    柔軟剤シートを布団と一緒に入れてあげると仕上がりがふわふわで柔らかくなるのでおすすめです♪

  • STEP5

    乾燥が完了したら自宅で風に当てる

    コインランドリーで羽毛布団の乾燥が完了して自宅に持ち帰った後は、風に当てて羽毛布団にこもった熱や湿気を出す

    布団を高温のままにしておくとカビの原因になるため注意が必要

また、羽毛布団を乾燥機にかける前にキルティング加工がされているか、チェックしてください。

糸で縫われていないノンキルト加工の羽毛布団は、乾燥機を使用できないので注意が必要!

ノンキルト加工は細長いテープを熱接着して貼り付けることで羽毛のかたよりを防いでいるので、乾燥機の熱で接着剤が溶けてしまうのです。

事前に確認することは、大切な羽毛布団を守ることにもつながりますね!

コインランドリーを利用したことのないあなたは、まずは家の近くにあるかどうかを確認してみてくださいね。

この機会に羽毛布団を洗いにコインランドリーを利用してみましょう!

乾燥機を利用する際にかかる金額は700円前後

コインランドリーで羽毛布団を乾燥機にかける時にかかる金額は、シングルサイズなら約600~700円、ダブルサイズなら約700円~1200円準備しておきましょう。

乾燥機のみの使用の場合、ほとんどの乾燥機が分単位で金額設定がされていることが多いようです。

例えば8~10分乾燥機を利用で、100円程度になります。

布団専用の乾燥機を利用するのか、普通の乾燥機を利用するかでも金額は変わってきますね。

羽毛布団を乾燥機にかける時間は20~30分くらい

羽毛布団は大型の乾燥機を使用するため、少し金額に余裕をもって準備していくほうが安心ですね!

羽毛布団はコインランドリーではネットなしでOK!

羽毛布団をコインランドリーで洗う時には、ネットをかけたほうがいいの?

羽毛布団にネットをかけたほうが良い場合と、かけなくて良い場合どちらもあります。

普段の自宅で洗濯する際にも、大切な衣類や、ボタンなどの付属品が付いたものにネットを使用することがありますよね。

ここではコインランドリーでも同様にネットをかけるのは必須なのか、またネットを購入する際に知っておきたい点を解説していきます。

基本的にコインランドリーでネットは使わなくて大丈夫

羽毛布団をコインランドリーで洗う際には、ネットをかけずに使用できます。

家庭用洗濯機で布団を洗う場合には、ドラムとの擦れ防止のためにもネットを使用するのは必須です。

しかし、コインランドリーではドラムの容量が大きく、ガスを熱源としている為、一般的な羽毛布団であればネットは必要ありません。

そうはいっても大型のネットが売っているってことは、つけたほうが良いんじゃない?

羽毛布団によってはつけたほうが良い場合もあります。

布団の使用期間が長く生地が弱っている場合や、高級な羽毛布団を出来るだけダメージを与えずに洗いたいと思われる時はネットをかけましょう。

特に羽毛布団の生地が弱っている場合、コインランドリーの乾燥時に生地が破れてしまい中の羽毛が飛び出してしまうこともあるそうです。

羽毛布団が破裂してしまうと、その布団が使えなくなるのはもちろんですが、お店側にも多大な迷惑が掛かってしまうので絶対に避けたいですよね。

必要に応じてネットを使用していきましょう。

ネットはファスナー部分がカバーされたものを選ぼう

安全のためにもネットを購入したいならば、羽毛布団用のネットを選び、洗濯槽を守る為にもファスナー部分がカバーされたものを使用するようにしましょう。

ファスナーが飛び出ているタイプだと、コインランドリーで洗う際に洗濯槽にぶつかるので、傷をつけてしまう可能性があります。

ネットのファスナー部分がカバーされているのは洗濯槽を守るためだったのですね。

私はボタンが付いているものや下着類は、洗濯時の破損や型崩れを避ける為にネットをかけていましたが、洗濯槽のことまでは考えていませんでした!

ドラム式対応ネットと書かれているものは、ファスナー部分がカバーされている商品が多いようです!

洗濯槽が傷つくと錆が出てしまう原因にもなるので、購入時にはファスナー部分がカバーされているドラム式対応ネットなのかチェックしていきましょう。

羽毛布団はコインランドリーで失敗なしに仕上げよう!

羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで仕上げることが出来るとお伝えしましたが、注意点を知らないと失敗してしまう可能性があります。

羽毛布団はとても繊細なので、温度設定を間違えて乾燥機にかけてしまうと、羽毛の繊維を壊してしまい理想の仕上がりとは遠くなってしまうかもしれません。

羽毛布団をふわふわに仕上げるためにも、コインランドリーで失敗しない方法をお伝えしていきます♪

ふわふわに仕上げるために知っておきたいコツを紹介!

羽毛布団の乾燥は数回に分けて行うことで、ふわふわの布団が出来上がります。

乾燥機に羽毛布団を入れたら、そのまま入れっぱなしにしてはいけません。

コインランドリーで羽毛布団を乾燥のみで使用する場合、20~30分程時間がかかります。

10分ごとに一時停止をして、ふたを開けて布団をひっくり返し、乾燥を続けるといいですよ!

また、その都度布団の畳み方も変えて乾燥させると、風が羽毛布団の全体に当たるので更にふわふわに仕上がります。

また、乾燥機の中にテニスボールを入れる方法もあります。

布団と一緒にテニスボールを入れると、乾燥中にテニスボールが布団をたたいてくれるため、よりふわふわになる効果があるそうです♪

ちょっとした工夫でふわふわの布団になるのなら、ぜひ試してみたいですね!

私も羽毛布団をコインランドリーの乾燥のみで洗濯するときには、テニスボールを一緒に入れてみようと思います。

乾燥機で布団の羽毛が痛むことがあるので注意が必要

羽毛は熱に弱い為、あまりにも高温の風を当てると油分が失われてしまい、羽毛が割れてしまいます。

羽毛布団を乾燥機にかけると、熱を逃がすために羽毛は広がり、ふんわりとした見た目に。

しかし羽毛は繊維状のたんぱく質で出来ており、熱に弱いたんぱく質は乾燥機の熱で壊れてしまい、羽毛も割れてしまうのです。

割れてしまった羽毛は元のように空気を溜め込めなくなるため、布団がぺちゃんこになってしまう原因に。

羽毛布団を乾燥機にかけるときは、乾燥機の温度設定が高くなりすぎないようにしましょう。

羽毛布団の耐熱温度は約70℃と言われていますが、可能であれば乾燥機にかける前にお手持ちの羽毛布団の耐熱温度もチェックしておくと安心です。

羽毛布団コースなどの機能がついた乾燥機もあるので、上手に利用して羽毛を痛めないようにしたいですね!

羽毛布団が熱に弱い事は知りませんでした。

羽毛布団をふわふわにさせたくてコインランドリーまで行ったのに、耐熱温度を知らずに乾燥機の熱でぺちゃんこ!

なんてことになったら、ショックで立ち直れないかも…。

私もコインランドリーで羽毛布団を乾燥機にかけるときには、しっかり温度に注意したいと思います!

羽毛布団は便利な宅配クリーニングの利用も人気♪

近くにコインランドリーがない場合や、自分では洗えないタイプの羽毛布団はクリーニングでプロにお任せすることも出来ますよ♪

洗濯表示をみてみると乾燥マークにバツが付いている、毛布がキルティング加工がされていない、タンブラー乾燥は避けるようにといった注意書きがされていることがあります。

このような羽毛布団はものによってはコインランドリーで洗えないため、困ってしまいますよね。

また、大事な羽毛布団を自分で乾燥機にかけてもし失敗したら…と不安な気持ちになるかもしれません。

忙しくてコインランドリーまで大きな羽毛布団を持って行って、乾燥機にかけるまでの労力をかけられない!

という場合もあるでしょう。

そんなあなたには羽毛布団をクリーニングに出すことをおすすめします♪

結局重い羽毛布団を持って行かなきゃいけないのか…と残念に思われたかもしれませんが、実はスマホやパソコンから申し込みが気軽に出来る宅配クリーニングもあるんですよ。

専用の箱に詰めて自宅から送るだけ!

受け取りも自宅でできるのが嬉しいですよね。

毎日仕事や家事で忙しいあなたや、小さなお子さんがいてクリーニングを気軽に出来ないママにもおすすめです。

宅配クリーニングはコインランドリーと比べてしまうとお値段ははりますが、プロのクオリティに仕上げてくれる安心感がありますよね!

自宅ですべてが完了する点が、とても便利だと感じました!

クリーニングに出すのはいいのですが、出来上がった後に取りに行って持ち帰るのが意外に面倒だったりするんですよね。

その負担がなくなるだけで羽毛布団をクリーニングに出すというハードルが一気になくなりました!

羽根布団はRAKUTONで購入からお手入れまで全部お任せ!

布団を清潔に使うには、クリーニングや染み抜きなどメンテナンスが欠かせません。

サブスクを使えば、クリーニング店への往復も必要がなくなるんです♪

布団の購入・セッティング・メンテナンスをすべておまかせできる新形態のサブスクサービスに、RAKUTONがあります。

近くにコインランドリーがない場合や、空くのを待ちたくない場合もありますよね。

もちろん空き待ちしなくてもアプリで空き情報を確認できる画期的なコインランドリーも存在します。

コインランドリーピエロがお近くのあなたはラッキーです(笑)

近くにコインランドリーがないよ、とお困りのあなた。

クリーニング店の布団クリーニングは一般的に4,000円から5,000円くらい、不要になった布団には粗大ゴミでの処分費用もかかってしまいます。

クリーニングなどメンテナンスだけで1万円以上と言われているとか。

それらを全部ひっくるめて、サブスク化したのがRAKUTONです。

月額3,000円でお手入れも全部おまかせできるので、布団を新規購入するのであればぜひサブスクも検討してみてくださいね♪

まとめ

  • 羽毛布団はコインランドリーの乾燥のみで清潔にすることが出来る
  • 羽毛布団のダニ対策もコインランドリーの乾燥のみで、十分な効果を得ることができる
  • コインランドリーに行く前に羽毛布団のカバーを外して、乾燥機に折り畳んで入れる
  • 羽毛布団は乾燥すると膨らむため、大型の乾燥機を選ぶようにする
  • コインランドリーで乾燥機を利用するときにかかる金額はシングルサイズで600~700円、ダブルサイズだと700~1200円を目安に準備しておく
  • コインランドリーの乾燥機を利用するときには、羽毛布団にネットをかける必要はない
  • 羽毛布団用のネットを選ぶ時は洗濯槽を傷つけない為に、ファスナー部分にカバーが付いたものを選ぶ
  • 乾燥機を回すときは布団全体に風を当てるために、10分ごとに一時停止をし、ふたを開けて布団をひっくり返して乾燥を続ける
  • 羽毛は熱に弱く、70℃以上の高温の風を当てると油分が失われてしまい、羽毛が割れてぺちゃんこになってしまうので注意が必要
  • コインランドリーの乾燥機が使えない羽毛布団は、自宅で発送と受け取りができる宅配クリーニングでプロに任せるのがおすすめ

コインランドリーの乾燥機を温度や時間などに気を付けて利用するだけで、簡単にふわふわの羽毛布団が仕上がります。

毎日使う羽毛布団は清潔なものを使い続けたいですよね。

羽毛布団をコインランドリーの乾燥のみで清潔にできるなら、金銭的にも安く済みますしお手軽で嬉しいですね!

ぜひお近くのコインランドリーで、理想のふわふわ羽毛布団を手に入れてくださいね。

羽毛布団を更にふわふわにさせたいと思いませんか?

羽毛布団と一緒に柔軟シートを乾燥機に入れるだけで、ふわふわの布団になるのでおすすめですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました