車中泊に必要なもので初心者におすすめを紹介!夏と冬はこれが違う!

車中泊初心者だから、必要なものが分からないな…。

車中泊初心者のあなたに特におすすめしたい必要なものは、車内を照らすためのLEDランタンや、快適に眠るための寝袋です!

車中泊をしようと思っても、初心者のあなたは何を持っていけばいいか悩んでしまいますよね。

私も車中泊を初めてしたときは、必要なものが分からずに、何か足りない気分のままで不安でした。

車中泊に必要なものの中には、家にあるものや100均で手軽に購入できるものもありますよ♪

この記事では、車中泊初心者のあなたに、持っていってほしい必需品と、夏と冬の違いについて紹介していきます。

快適に車中泊をするためにぜひ最後まで読んでくださいね。

車中泊に必要なもので初心者向けの便利な商品を紹介!

車中泊初心者の場合、何が必要なのか分かりませんよね。

車中泊を快適に過ごすためには、寝る場所を整えたり、電気や電源が必要だったりと、ホテルに泊まるときとは違った持ち物が必要となります!

車の中のスペースは限られているので、あれもこれもと持っていくと、荷物が増えて寝る場所がなくなってしまうこともあります。

今回は、車中泊初心者のあなたが、車内で快適に過ごすために持っていってほしいおすすめの必需品を紹介していきます!

車中泊をするのに必要なものと、用途についてまとめておきますね。

必要なもの用途
LEDランタン車内を照らす用とトイレに行く用など、2つは用意しておく
シェード・車用カーテン外からの視線を遮る、車内の保温・保冷効果による温度管理
寝袋、毛布寝袋は寒い冬場でも暖かく、毛布はシートの隙間を埋めるのにも便利
モバイルバッテリーエンジンを切った状態で、車から電源をとるとバッテリーが上がる
ポータブル電源暑い夏場にはエアコン、寒い冬には電気毛布を使うことが出来る
アイマスクと耳栓車外の音や明かりが気になる場合におすすめ
クーラーボックス飲み物や食材を入れておく、道の駅で購入したお土産を入れるときも役立つ
腕時計スマートフォンのバッテリーの消費を抑えるためにあると便利
調理不要な食料品火を使わずに食べられるものだと、火気厳禁な場所でも便利

トイレットペーパーやS字フックもあると便利ですよ。

トイレットペーパーは、公衆トイレにトイレットペーパーがなかった場合に便利なので、1ロール用意しておくことをおすすめします。

さらに、S字フックがあれば、ランタンをかけておけたり、袋をかけておいてゴミ袋の代わりにしたりできるので便利です。

先ほど話した必要なものの中から、特に重要な5つの持ち物ついて詳しく紹介していきますね!

LEDランタンは2つ持っていこう!100均でも購入できる♪

懐中電灯やLEDランタンなどを最低2つは持っていると、車内を照らしたりトイレに行ったりするときに便利です。

ルームランプで車内を照らせばいいと思うかもしれませんが、周囲の迷惑となることもありますし、点けっぱなしにすることでバッテリーが上がってしまいます。

スマホのライトも、バッテリーを消耗してしまいますし、車内にぶら下げておけないので不便なのです。

LEDランタンも様々な種類は販売されていて、モバイルバッテリーにもなるものや、明るさや光の色を調節できるものなどがあります。

LEDランタンは100均でも購入することができるので、初心者のあなたも購入しやすいですね。

アウトドアにおすすめの、優雅でレトロな美しい外観がおしゃれなLEDランタンを紹介します。

2種類のライトに切り替えられて明るさも調節出来ますし、屋外の直射日光でも充電できるので、停電が発生した場合にも便利です。

寝袋や毛布があれば車内でも快適な睡眠ができる

寝袋にはいろいろな種類があり、夏場は布団感覚で使える封筒型の寝袋、冬場は保温性に優れたマミー型の寝袋がおすすめです。

特に、冬場や山間部での車中泊は、思いのほか外気の影響を受けやすいので寒いことが多く、寝袋や毛布はかかせません。

冬におすすめのマミー型は、頭まですっぽりと被れて、寝袋と身体の隙間ができにくいので、保温性に優れた寝袋となっています。

また、フルフラットの状態にできる車でも、段差や傾斜が気になる場合があるので、毛布を使って隙間を埋めることで寝やすくなりますよ♪

毛布は窓にかければ目隠しにも使えるので、冬だけでなくどの時期でも便利なアイテムです。

車内で快適に眠りたいあなたのために、布団のように使うことが出来て、開放的な寝心地が特徴の封筒型寝袋を紹介していきます!

ナチュラム 楽天市場支店
¥4,980 (2022/12/03 15:01時点 | 楽天市場調べ)

こちらの寝袋は、夏だと開放的に、冬は全部閉め切ることで冷気が入らないように暖かくして寝ることが出来るので、オールシーズン適用です。

比較的お手頃な価格なので、車中泊初心者のあなたにおすすめです♪

シェードがあれば車内の温度管理やプライバシー保護に

人の行き来がある場所で車中泊をする場合、外にいる人の視線が気になりますよね。

特に就寝時のプライバシーを守るために必要なものとして、窓に目隠しとしてシェードや車用のカーテンを利用するといいですよ。

さらに、目隠ししておけば、明け方に日差しがまぶしくて目が覚めてしまうなんてことも防げます。

シェードは、遮光性や密閉性も高く、保温・保冷効果があるので、車内の温度管理をするのにも役に立つのでおすすめです。

一方、車用のカーテンだと、目隠ししたままでも窓をあけることができますし、開け閉めも楽です。

シェードや車用のカーテンがなくても、手持ちのタオルや毛布などで代用することができるので試してみてください。

ここからは、熟練の職人により手作りされている、圧倒的人気のシェードをご紹介しますね!

遮光性99.99%、紫外線カット率84%という特殊な生地で作られていて、ワンタッチタイプとなっているので、設置も収納も簡単にすることができますよ♪

断熱効果や本効果にも優れているため、暑い夏場は外からの熱を遮ってくれますし、寒い冬場には冷気をシャットアウトして車内の暖かさを逃しません。

ポータブル電源は使う電化製品に合わせて容量を選ぼう

エンジンをかけながらの車中泊はマナー違反となるので、暑い夏場でもエアコンを付けながら寝ることが出来ません。

しかし、ポータブル電源があえば扇風機を利用することができますし、冬場は電気毛布や電気ケトルを使うこともできます。

電源があれば、スマートフォンの充電やパソコンを使うことも可能ですし、簡単な調理にも使えますよね。

ただし、ポーダブル電源の容量が小さいと、すぐに電気がなくなってしまうので、性能や大きさなどを考慮して購入しましょう。

容量Wh用途
小容量200~600Whスマホの充電、カメラのバッテリーの充電など
中容量600~1,000Whポータブル冷蔵庫、扇風機、電気毛布など
大容量1,000Wh以上災害時にも備えたい場合におすすめ

アウトドアでの車中泊であれば中容量で十分かもしれませんが、災害時など3~4日停電するときにも備えたいという場合には大容量がおすすめですよ。

ここでは、800Whの中容量のポータブル電源を紹介していきます。

安心して使える安全性と信頼性を重視して、リチウムイオン電離の中でも特に安全性の高いバッテリーを使用して作られています。

スマートフォンの充電は約50回、ミニ冷蔵庫なら約10時間使用することができますよ♪

調理不要な食料品があれば火が使えない場所でも安心

車中泊する場所によっては、火を使ってはいけない場所があります。

オートキャンプ場では、調理道具や食材が準備されている場所もありますが、道の駅や駐車場では火気厳禁とされている場所が多いです。

そのため、調理せずにそのまま食べられる食料品があると便利ですよ♪

温かいものを食べたい場合は、レトルト食品を食品加熱袋で温めて食べるのも1つの手段ですね。

食品加熱袋は、専用の袋の中に温めたい食品と発熱剤を入れて、水を注ぐだけで加熱することができる商品です。

また、発熱キット付きのものもあるので、火や水を使わずに温かい食事を食べることが出来ます。

水を注ぐだけで食品を温めることができるおすすめの食品加熱袋を紹介します。

車中泊やキャンプだけでなく、地震などの災害時の備えとしても便利ですよ。

車中泊に必要なもので夏の暑さ対策に役立つ3つを紹介

夏に車中泊するときに困ることと言えば、車内に熱がこもったまま暑かったり虫が入ってきたりすることなので、対策が必要です。

先ほどお話したように、エンジンをかけながらの車中泊はできないので、エアコンで涼むことはできません。

また、夏は蚊などの虫も多く、窓を開けておいても車に入ってこないようにする便利グッズがあるのです!

そこで夏に車中泊をしたい初心者のあなたに、持っていってほしい必要なものを3つ紹介していきます。

扇風機があれば車内に涼しい風を循環させられる

夏の暑い気温の中、車の中はより一層熱がこもって暑く、窓を開けておいても風が入ってこないと、なかなか涼しくなりません。

暑い車内でも快適に過ごすために必要なものは、扇風機です!

扇風機にも様々な種類がありますが、車中泊におすすめの扇風機の特徴を3つ紹介していきます。

車中泊におすすめの扇風機の特徴
  • コードレスで使える充電式のもの
  • 風量調整ができるもの
  • タイマーや首振り機能などがあること

コードレスであれば、どこでも使いやすいですし、ポータブル電源を持っていかなくても扇風機を使うことが出来ますね。

首振り機能や、タイマー機能がある扇風機が便利ですよ。

コードレスの扇風機を選ぶときは、なるべく長時間使用できるものを選びましょう。

防虫ネットを窓に取り付けて虫が入ってくるのを防ごう

夏場はエアコンを付けたまま寝ることはできないですし、窓を開けておくと虫が入ってきそうで心配ですよね。

長時間締め切った車内で過ごすと、息苦しかったり、空気がこもったりして、快適に過ごすことが出来ません。

そんなとき防虫ネットなら、窓枠にかぶせて窓を閉めるだけで網戸のようにすることができます。

防虫ネットを装着したまま、窓を開け閉めできるので、夏の車中泊には必要なものとなります。

防虫ネットは、車種やどこに取り付けるかによって、形やサイズが異なるので、あなたの車に合ったサイズを選びましょう。

100均でも購入することができますが、伸縮性がないネットを使用しているため、ドアに引っ掛けて破れてしまうことがないように慎重に取り扱いましょう。

日差しが強い日の日よけや、虫が車内に入ってくるのを防ぐために防虫ネットはおすすめですよ♪

クーラーボックスがあれば食べ物や飲み物の保存に便利

車中泊をする場所によっては、周辺にコンビニやスーパーがない場合も多いでしょう。

暑い夏場ですから、食料品を傷まないようにしたり、飲み物を冷たいまま保管したりするためにはクーラーボックスがおすすめです。

車中泊する人数に合わせた容量や、長時間保存可能な冷却力があるかを確認して選びましょう。

車中泊初心者のあなたのために、人数に応じたクーラーボックスの容量について目安を書いておきますね!

人数容量
1人15L以下の小型タイプ
ファミリー15~35Lくらいの中型タイプ
大人3人以上35Lを超える大型タイプ

冷却力についても、一晩中冷却力が保たれるクーラーボックスがおすすめです。

車中泊に必要なもので冬に活躍する3つのアイテム

ここでは、冬に車中泊をしようと思っている初心者のあなたに、必要なものを紹介していきますね。

冬は寒さ対策が必要不可欠なので、防寒グッズや保温グッズを持っていきましょう。

エンジンをかけたままの車中泊はルール違反をお話ししましたが、冬場は特に危険です。

雪でマフラーが塞がれて車内に排気ガスが流れ込み、一酸化炭素中毒で死に至るケースが報告されています。

また、積雪地域ではエンジンを切って寝た場合は凍死する危険性もあると注意を呼び掛けています。

そのため、冬に車中泊を楽しみたい場合には、寒さ対策がとても重要なのです!

電気毛布があれば寒い冬も身体をしっかり温めてくれる

車中泊初心者のあなたに冬に持っていってほしいものは、寒い車内でも身体が温まる電気毛布です!

持ち運びも便利で、しっかり温めてくれるので、寝るときだけでなく車内で過ごす時間も快適にしてくれます。

電気毛布には、ポータブル電源につないで使うものや、USBで給電できるもの、充電して使用するものなど様々な種類があります。

温度調節機能や、タイマー機能がある電気毛布だと便利ですよ。

断熱マットを敷いて外からの冷気をシャットアウト

寝るときは特に、寝床の冷たさが身体を冷やす原因となり、なかなか寝付けないこともあるでしょう。

車中泊用の断熱マットは、できるだけ厚手のマットを選ぶことで、保温効果が高まります!

通常の車では、断熱材が挟まれていないため、床からの冷気が伝わりやすい構造となっています。

そのため、シートをフラットに倒した上に、厚手の断熱マットを敷いて快適な空間を作りましょう♪

断熱マットを敷いた後は、車とマットの隙間をタオルや衣類で埋めることで、冷気の侵入を防ぐことが出来ますよ。

小型ヒーターなら電気を使って寒い車内を瞬時に温める

車のエンジンを切って、暖房を止めた瞬間から車が冷え始め、まるで冷蔵庫の中にいるような寒さにまで気温が下がります。

冷えた車内での車中泊が初めてのあなたに必要なものは、セラミックヒーターです。

セラミックヒーターは小型なので持ち運びやすく、車中泊で気軽に使うことが出来ます。

電力は300W程度のものが多く、電源がないと使えないので、ポータブル電源と併用する必要があります。

セラミックヒーターは3000円くらいで手に入るものもあるので、車中泊初心者のあなたでも手軽に購入できますね!

ガスや灯油を使わずに電気で稼働させるため、一酸化炭素中毒の心配もなく、基本的に換気も必要ありません。

電源を入れるだけで温風が出てくるので、冷えた車内や身体を瞬時に温めてくれますよ♪

まとめ

  • 車中泊初心者に必要なものとして、車内を照らす用とトイレに行く用のLEDランタンが2つあると便利
  • 寝袋や毛布は季節に応じて最適なものを選び、毛布は車内の気になる隙間や、窓にかけて目隠しにすることもできて便利
  • シェードや車用カーテンで目隠しをすればプライバシーは守られ、遮光性や密閉性が高いので車内の温度管理もできる
  • 車中泊をするときはエンジンを止めなければいけないので、ポーダブル電源があるとスマートフォンの充電や電化製品が使えるので便利
  • 車中泊をする場所によって火気厳禁な場所があるので、暖かい食事を食べたい場合は食品加熱袋や発熱キット付きのものがおすすめ
  • 車中泊初心者が夏に必要なものとして、暑さ対策に便利な扇風機やクーラーボックス、防虫ネットを取り付けておけば虫の侵入も防げる
  • 車中泊初心者が冬に必要なものとして、寒さ対策におすすめの電気毛布や断熱マット、小型ヒーターがあると寒い車内でも快適に過ごせる

車中泊初心者のあなたでも、車内で快適に過ごせるように必要なものを夏と冬に分けて紹介してきました。

初めてのことは準備が肝心ですから、あなたが車中泊する時期に合わせて何が必要なのかを確認しておきましょう。

気軽にアウトドアを楽しめるように、今回紹介したおすすめ商品を参考に準備してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました