アイロングローブならセリア♪スチームもハンディも簡単キレイが叶う

生活の知恵

突然ですが、あなたはアイロンがけが得意ですか?

ボタンまわりをかけるのが苦手です!

今回ご紹介するのは、100均セリアで人気の「アイロングローブ」。

人気のワケは、ズバリ、いろんな場面で便利だから!

スチームアイロンにも、ハンディアイロンにも使えます!

アイロンがけに、こんなお悩みはありませんか?

お悩み
  • お出かけ前に、パパッとアイロンがけを済ませたい
  • アイロンがけが難しい
  • アイロン台を出し入れする場所がない
  • アイロンがけを快適にするためにお金はあまりかけたくない

それらのお悩み、セリアの「アイロングローブ」が解決します!

この記事では、アイロングローブの種類や使い方のご紹介、アイロン台の代わりになるのかを解説しています。

セリアのアイロングローブが、アイロン台の代わりになるかもしませんよ。

アイロングローブがセリアで売れているワケ

セリアのアイロングローブがなぜ売れているのか、それはズバリ、いろんな場面で便利だからです。

また、ほかの100均(主にダイソーなど)やニトリなど各メーカーからも多くのアイロングローブが販売されています。

セリアのアイロングローブの特徴は、「ボード型」「板状」「スチームとプレス両用(ただし、やけどに注意)」です。

この項目では、セリアのアイロングローブが人気の理由と、アイロングローブの種類について解説します。

セリアのアイロングローブが人気なのは便利だから!

なぜ、セリアの「アイロングローブ」が、売れているのでしょうか。

そのワケは、ズバリ、いろんな場面で便利だから!

まずはセリアのアイロングローブを使う場合のメリットはこちら↓

  • 時間がなくても、ハンガーにかけたまま、すぐアイロンがけができる!
  • アイロンがけが苦手でも、グローブを使うと簡単でキレイにシワなし!
  • アイロン台を収納するスペースがなくても、グローブならちょっとしたすき間でOK!
  • 小さいものを少しかけたい時に、ミニアイロン台にもなる!

アイロンがけって、アイロン台を出したり、アイロンが温まるのを待ったりと、かけ始めるまでが面倒なんですよね…。

おまけに、完璧にシワをとるなんて至難のわざです。

アイロングローブがあれば、思い立ったらすぐアイロンがけできちゃう。簡単にキレイになって、片付けもラク!

仕事に家事に育児に…と忙しいあなたにぴったりなんです!

セリアのアイロングローブの特徴は、「ボード型」「板状」「スチームとプレス両用」。

アイロングローブ初心者のあなたにも使いやすい商品です。

ほかのメーカーのアイロングローブの種類や特徴も含めて解説しておりますので、比較の参考にしてください♪

ボード型はグローブの向きを気にしない左右対称の設計

セリアのアイロングローブは左右対称のボード型。

利き手や、かけるパーツによって、グローブの向きを気にしなくてもよいメリットがあります。

左右対称だと、どのパーツでも形を気にせず、かけたい部分の生地の裏側にただ差し込めばOK。

アイロングローブ初心者のあなたにも、簡単に使えるはず♪

親指と人差し指が分かれたミトン型は、指をスムーズに動かせるので、つまみながらシワを伸ばすこともできます。

こちらは、アイロングローブの基本的な使い方に慣れた中級者以上におすすめです。

板状は手袋状と違いミニアイロン台としても使える

板状のものだと厚みがあることで、ミニアイロン台としても使える商品が多いです。

商品によっては、プレス使用が不可のものがありますので、ご注意ください。

やわらかい手袋状の商品は、基本的にはプレス用ではなく、ハンガーにかけたままでのスチーム用です。

手指にフィットするから、熱さを感じず思い通りに細かく手指が使えます。ハンディアイロンと一緒に使うなら便利かも♪

おすすめは、板状!ミニアイロン台としても使えるのって、一石二鳥でお得ですよね♪

ハンカチや布マスクにかけるときにも、いいですね。

スチームとプレス両用はシワとりと折り目付けができる

セリアのアイロングローブは、スチームはもちろん、「動かせるアイロン台」としてプレスにも使えます。

アイロン台がなくても、ズボンやスカートの折り目付けができるのが、とっても便利ですよね♪

スチーム専用の商品は、火傷の恐れがあることから、プレスでは使用できないので、ミニアイロン台としては使わない方が良さそうです。

こちらは、主にプレス機能のないハンディアイロン向けの商品ですね。

アイロングローブどう使う?スチームorハンディ

ほとんどのアイロングローブは、スチームアイロンでもハンディアイロン(衣類スチーマー)でも、ハンガーにかけたまま使えます。

まずは、基本的なアイロングローブの使い方をご説明します。

手順1.アイロンがけしたい衣類をハンガーかける

手順2.スチームアイロン(もしくはハンディアイロン)を準備する

手順3.アイロングローブに、アイロンを持つ手と逆側の手を差し込む

手順4.シワが気になる部分の生地の裏にグローブ(ミトン)を差し入れ、押し当てるようにかけていく

ここからは、アイロンのタイプ別に、効果的な使い方を紹介していきます。

スチームアイロンと一緒に使えば、アイロン台よりも手軽にアイロンがけができます。

さらに、アイロン台だとシワ取りが難しいパーツも、アイロングローブなら簡単にキレイできちゃうというメリットも!

一方、ハンディアイロンと一緒に使えば、ハンディアイロンだけでかけるよりキレイにかけることができます。

ただし、手の負担という点で考えると、ハンガーにかけた状態での長時間使用は、より軽量なハンディアイロンの方が向いていると言えます。

どのような組み合わせで、どんなシーンに使いたいのかを考えてから、商品を選ぶといいですね。

お手持ちのアイロンがグローブ(ミトン)対応かどうかは、お使いただく前にご確認ください。

スチームアイロンと使えばもっと手軽に

スチームアイロンとアイロングローブとを併用すると、アイロン台を出す手間がなくなり、時短がかないます。

アイロンがけを今よりもっと手軽にしてくれますね!

【スチームアイロン×アイロングローブ】が効果的なのはこんなときです。

  • アイロン台を出してくるのが面倒なとき
  • アイロン台でかけるのが難しいパーツ(そで口、複雑な縫い目まわりなど)をかけたいとき
  • 小さいものをかけるミニアイロン台として使いたいとき

私は、スチームアイロンを使っていますが、アイロン台を出すのが面倒で、ついついアイロンがけが後回しに…。

ハンガーのままアイロンがけできちゃうなら、私みたいな面倒くさがりさんでも、すぐかけられますね~!

ハンディアイロンと使えばもっとキレイに

ハンディアイロンとアイロングローブとを併用すると、ハンディアイロンだけを使うよりキレイにシワがとれます。

【ハンディアイロン×アイロングローブ】が効果的なのはこんなときです。

  • シワをもっとしっかり伸ばしたいとき
  • ハンディアイロンだとかけるのが難しいパーツ(そで口、えり、複雑な縫い目まわりなど)をかけたいとき
  • ズボンやスカートの折り目などをしっかりプレスしたいとき(プレス兼用商品の場合)

ハンディアイロンって、手軽ではあるけど、シワのとれ具合は、スチームアイロンに劣ってしまいますよね。

スチームだけではかけづらいとき、シワのとれ具合がちょっと物足りないときには、アイロングローブを使ってみてくださいね♪

アイロングローブはアイロン台の代わりになる?

アイロングローブのメリットは、アイロン台よりも時短・省スペース・簡単に、「ピンポイント」でシワとりができること!

こんなあなたは、アイロングローブがアイロン台に代わりになるかもしれません。

  • アイロンをかける量が少ない
  • ピンポイントにシワ取りができればよい
  • 完璧にシワがなくなることより、時短・省スペース・簡単が優先

実は、アイロングローブを使うと、パーツによっては、アイロン台でアイロンをかけるより簡単にキレイに仕上がるんです。

もしかしたら、あなたが苦手なのは「アイロンがけ」ではなくて、アイロン台でするアイロンがけだったかもしれませんよ。

シワ取りに完璧を求めすぎない、多忙なあなたのアイロンライフの救世主になってくれるでしょう。

一方で、一度に大量にアイロンがけをしたい時や、時間をかけて完璧にシワ取りをしたい場合には、アイロン台が適している場合も。

あなたのライフスタイルに合わせて、慎重に選びましょう。

アイロン台より簡単にキレイにできるパーツも!

アイロングローブは、パーツによっては、アイロン台でかけるより簡単に、キレイな仕上がりにしてくれます。

アイロン台に置いてアイロンをかけると、上からアイロンを押し当てることで潰れて、下側の布にシワがついてしまうことがあります。

シワをとるためにアイロンをかけているのに、新たなシワをつけてしまう…私もよくおちいる、まさに負のループです!

ハンガーにかけたまま「アイロングローブ」でアイロンがけをすると、メリットがいっぱいなんです。まさに技いらずです!

  • 潰さず立体的にかけられるから、新たなシワがつきにくい
  • 布が重ならないから、複雑な縫い目まわりが簡単
  • ハンガーにかけると、アイロンの小回りがきくので、ボタンまわりがスムーズにかけられる
  • プリーツや折り目は、アイロングローブとアイロンで挟んで折り目を創るイメージでかけられる

せっかくアイロンがけするなら、簡単にキレイにかけられたらうれしいですよね♪

アイロンがけが難しいと感じているなら、アイロングローブを使わない手はありませんね!

アイロン台より時短になって省スペース!

セリアのアイロングローブは、女性の手の平より一回り大きいくらいのコンパクトサイズ。

ピンポイントでかけたい部分だけかけられて、アイロン台を出したり、収納場所を確保したりする必要もありません。

普通のサイズのアイロン台って大きくて、重量もそれなりにあるから、出すのも一苦労。

出しっぱなしにするにしても、使わないときは収納するにしても、それなりの場所が必要ですよね。

小物をちょっとだけかけたい時に「ミニアイロン台」として使うことで、アイロン台より時短・省スペースになりますよ。

完璧にシワがなくなることより、時短・省スペースを優先するあなたは、断然アイロングローブがおすすめ!

まとめ

  • セリアのアイロングローブが便利すぎて売れている!
  • セリアのアイロングローブは「ボード型」「板状」「スチームとプレス両用」という特徴がある
  • 左右対称で厚みがあり、ミ二アイロン台としてプレスにも使えるところがセリアのアイロングローブのいいところ
  • アイロングローブがあれば、時間がなくてもハンガーにかけたままキレイでシワのないアイロンがけができる
  • セリアのアイロングローブなら、女性の手の平より一回り大きいくらいのコンパクトサイズなのですき間に収納できる
  • アイロングローブとスチームアイロンを一緒に使えば、アイロン台を使うより手軽にでき時短が叶う
  • アイロングローブとハンディアイロンと一緒に使えば、ハンディアイロンだけでかけるよりキレイにかけることができる
  • 量が少ない・ピンポイント・時短・省スペース優先ならアイロングローブがアイロン台の代わりになる

アイロングローブがあるアイロンライフ、イメージいただけたでしょうか?

セリアの「アイロングローブ」を試しに使ってみて、その便利さを実感してください♪

技なしで、簡単キレイにシワとりできちゃう上に、もうアイロン台は必要なくなるかもしれませんね。

あなたにぴったりの「アイロングローブ(ミトン)」を選んで、より快適なアイロンライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました