ドリップポットは100均で買えない!おすすめは千円台で買えるニトリ!

ドリップポットを探しているけれど、100均で購入できるのかな?

美味しいコーヒーを淹れるために必要なドリップポット。

なるべく安く手に入れたい!という気持ちはわかるのですが、ドリップポットは100均では購入できません。

しかし、ハンドドリップに必要なドリップポット以外のアイテムは100均で購入できますよ。

通常、ドリップポットは3千円程度以上のものが多いです。

100均アイテムでドリップポットの代用をするという案があるようですが、おすすめはできません。

私がおすすめするのはニトリの『ドリップカップ』という商品。

千円台で購入できます!

ハンドドリップが初めての方でも気軽に購入できるのがうれしい値段ですよね♪

この記事では、おすすめのニトリのドリップカップやカルディのホーロー素材のドリップポットを紹介します。


こちらが私のおすすめ、ニトリの『ドリップカップ』です。

1,290円というお手頃価格なので、初めてドリップポットを買うというあなたにとてもおすすめの商品ですよ。

ドリップポットは100均にないがほかのアイテムは揃う

美味しいコーヒーを淹れたい!

ドリップポットを買いたいけれど、100均に売っているのかな?

美味しいコーヒーを淹れるために必要なドリップポットは、100均では購入できません。

ドリップポットは色々なメーカーから発売されていますが、お値段は3千円程度以上が多いです。

ドリップポットは購入できませんが、ドリップポット以外のコーヒーを淹れるために必要なアイテムは100均でも購入できますよ。

100均のじょうろや計量カップをドリップポットの代用にする案もあるようですが、私はおすすめしません!

おすすめできない理由もこのあと、解説しますね。

100均で買えるハンドドリップアイテムの3つ

ハンドドリップするために最低限必要なアイテムは、ドリップポットを含めて4つです。

そのうち、ドリップポット以外の3つは100均で購入することができます。

100均で購入できるハンドドリップに必要なアイテム
  • コーヒードリッパー
  • コーヒーフィルター
  • コーヒーサーバーの代わりに、ガラス製のティーポットや計量カップ

コーヒードリッパーやコーヒーフィルターはもちろん100円です。

ガラス製のティーポットや計量カップは100円では購入できませんが、ほかのお店で購入するよりお安く購入できますよ。

上記は全て税抜き・2022年11月現在の情報です。

ドリップポットは100均の代用ではなく専用のものを!

ドリップポットがないからと言って、微妙な湯量の調整が難しい100均のじょうろや計量カップでの代用はおすすめしません。

コーヒーを美味しく淹れるためには、いたコーヒー豆をドリッパーに入れ、「の」の字をかくようにゆっくりとお湯をそそぐのがポイント。

ドリップコーヒーはお湯を注ぐ方法によって味が変わるので不思議ですよね。

ケトルやポットでお湯を注ぐと、お湯が一気に入ってしまいます。

そうすると、エグ味や雑味がでてしまい、美味しいコーヒーを淹れることができません。

ドリップポットの形状は、一定の量のお湯をゆっくりと注ぐことができるように作られているのです。

そのため、コーヒー豆本来の味をしっかり引き出すことができます。

美味しいコーヒーを淹れるためには

専用のドリップポットが必要な理由がわかりました!

100均アイテムの代用では美味しいドリップコーヒーを淹れることは難しいですよね。

ドリップポットのおすすめはニトリ!千円台から買える!

ニトリのドリップカップ

私がおすすめするドリップポットはニトリの『ドリップカップ350ml』です。

お値段は1,790円です。(税込み・2022年11月現在)

私は1人でゆっくりしたいときにドリップコーヒーをよく飲むのですが、そんなときに見つけたこのドリップカップ。

ちょっと小さめなので1~2杯飲みたいときにぴったりの大きさですよ♪

この項目では、私がおすすめするニトリのドリップカップを詳しく紹介していきます。

ドリップカップはシンプルな形とフッ素加工が魅力♪

ニトリの『ドリップカップ350ml』はふたもついていない、とてもシンプルな設計です。

このシンプルな形が私には合っていました!

カラーはブラックの1色しかないのですが、我が家のインテリアに合っているのでそこもよかったです。

サイズや素材などの仕様はこちら↓

商品コード8944235
ブラック
サイズ幅20.5cm×奥行7.6cm×高さ9.2cm
素材ステンレス鋼
重量約170g
ニトリのドリップカップブラック仕様(2022年11月現在)

ガスやIHには対応していないので、ケトルなどで沸かした熱湯をドリップカップに入れて使用します。

熱湯をドリップカップに入れるとお湯の温度が下がるので、ドリップするのに適した温度になりますよ。

今までドリップポットではなく、ケトルで沸かしたお湯で直接ドリップしていましたが、こちらのドリップカップをつかうと味がまろやかに♪

お湯をそそいでいるときからコーヒーのいい香りが楽しめます。

持ち手は同じ素材なのですが、付け足したようになっているので、熱くならないのもうれしいポイントですね。

細い注ぎ口はどうやって洗うの!?

こちらのドリップカップはフッ素加工されているので、水切れがよいのが特徴です。

そのため、使用後は逆さにしておくだけで水が勝手に切れてくれます。

お湯を入れて使用するものなので、すぐに水気を切れば洗剤は必要ないですよ♪

お手入れが簡単なのはとても助かりますよね。

フッ素加工なしのつや消しステンレスもおしゃれで素敵

フッ素加工なしのシルバータイプもおしゃれでおすすめですよ。

ブラックよりさらにお手頃価格なのがうれしいですよね。

ニトリのドリップカップにはフッ素加工されていない商品もあります。

お値段はなんと、1,290円です。(税込み・2022年11月現在)

「フッ素加工はいらないし、シルバーの方が好み」というあなたはこちらがおすすめですよ。

サイズや素材などの仕様はこちら↓

商品コード8944233
シルバー
サイズ幅20.5cm×奥行7.6cm×高さ9.2cm
素材ステンレス鋼
重量約170g
ニトリのドリップカップ・シルバー仕様(2022年11月)

「全体がつや消しのステンレスでできていて、とても美しい」という口コミがありました。

ドリップポットを試してみたいあなたにはぴったりの商品ですね♪

ドリップポットのカルディは直火OKでアウトドアにも

我が家のカルディドリップポットとコーヒーカップ

カルディのドリップポットもお値段が比較的安めの3,300円なので、おすすめです。(税込み、2022年現在)

ホーロー素材のドリップポットは軽く、扱いやすいのが魅力。

こちらは直火にかけられるので、お湯を沸かしてそのままドリップできます。

満水だと1Lのお湯を沸かせますが、少量でもすぐに沸くのでとても便利。

持ち手は熱くなりますので、ミトンなどを使用して火傷に注意してくださいね。

ふたには落ちにくい”ツメ”がついているので、外れることなくドリップできますよ。

サイズや素材などの仕様はこちら↓

商品名ホーロードリップケトル
サイズ幅16.3cm×高さ20.7cm×底11.3cm(接地径約94mm)
素材ほうろう用鋼板(底の厚さ0.8mm)
満水時容量1L
表面加工ほうろう
カルディのホーロードリップケトル仕様(2022年11月)

「カルディのシンプルなロゴが可愛い」という口コミもありました。

底面には、「ENJOY YOUR LIFE WITH COFFEE」とあり “コーヒーのある生活を楽しもう!”というメッセージが入っているのもおしゃれですよね♪

置いておくだけでもおしゃれなのでとても気に気に入っています。

数量限定や、オンライン限定で違うカラーのドリップポットが発売されることもあるようですよ♪

直火でもつかえるので、キャンプやBBQなどのアウトドアでも大活躍しそうですよね。

まとめ

  • 美味しいコーヒーを淹れるために必要なドリップポットは100均では購入できない
  • ハンドドリップに必要なアイテムで、ドリップポット以外は100均で購入できる
  • 美味しいコーヒーを淹れるためには、「の」の字をかくようにお湯を注ぐ必要があるため、100均の代用ではなく、先が細い専用のドリップポットが必要
  • 私のおすすめ商品、ニトリの「ドリップカップ」は1,790円で購入できる(税込み、2022年11月現在)
  • ニトリにはフッ素加工されていないシルバーのドリップカップもあり、こちらは1,290円で購入できる(税込み、2022年11月現在)
  • カルディのドリップポットは直火でもつかえるホーロー素材で、軽く扱いやすいのでアウトドアにもおすすめ

ドリップポットは100均で購入することはできませんが、ハンドドリップに必要なそのほかのアイテムは購入できますよ。

私はニトリのドリップカップがイチオシですが、カルディのホーロー素材も可愛いです。

あなたのコーヒーライフに合うドリップポットをぜひ探してみてくださいね♪

こちらが私のおすすめ、ニトリの『ドリップカップ』です。

お手頃価格なので、初めてドリップポットを買うというあなたにとてもおすすめの商品ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました