リクライニングチェアをベッド代わりに!素材やおすすめ商品を紹介!

部屋が狭くてベッドを置くスペースが無い場合や、部屋のスペースを有効活用したい場合などベッドの代わりにおすすめなのがリクライニングチェアです。

リクライニングチェアの背もたれを倒すことで、十分ベッドの代わりになります。

ベッドよりもリクライニングチェアの方が予算も低く抑えることができるので、機能性が高いリクライニングチェアを選ぶ方が、ベッドを購入するよりもコスパが良いですよ。

オットマン(足を乗せる台)付きのリクライニングチェアなら、より快適に過ごすことができます。

そこで、リクライニングチェアの用途別の素材やおすすめの商品を紹介します。

ベッドの代わりになるリクライニングチェアを選んで、快適な生活を送りましょう。

リクライニングチェアはベッドの代わりになる

リクライニングチェアはベッドの代わりに使うことができます。

なんとベッドの代わりに、機能性の良いリクライニングチェアを購入した方がコスパも良いのでおすすめです。

この項目では、実際に購入し、ベッド代わりに使っている人の口コミも紹介します。

リクライニングチェアはベッド代わりに使える

リクライニングチェアをベッド代わりに使えるうえ、さまざまなメリットがあるのでおすすめなんです。

リクライニングチェアをベッドとして使うことでスペースを有効活用することができますし、ベッドを購入するよりも節約することができます。

ベッドの代わりに、機能性の良いリクライニングチェアを購入した方がコスパも良いです。

せっかくリクライニングチェアをベッドの代わりとして使うなら、少しでも快適に過ごしたいですよね。

リクライニングチェアにはさまざまな種類があります。

どのようなものがベッドの代わりに向いているのか、記事の後半で詳しく紹介しますね。

リクライニングチェアの口コミはこれ!

実際にリクライニングチェアを使用した口コミや感想を調べてみました。

  • 安定感があり、想像よりも快適に寝れる
  • ベッドが無いだけで部屋が広く感じる
  • 組み立てもベッドより簡単で一人でできる

リクライニングチェアをベッド代わりにしている口コミを調べると、満足度の高い状態で使っているという傾向がありました。

ベッドの代わりにリクライニングチェアを使うことで、メリットがたくさんありますね。

寝れるリクライニングチェアは素材が大切!

リクライニングチェアで寝るためには素材が大切です。

リクライニングチェアの素材は革製やメッシュ素材など、さまざまな種類があります。

素材によって快適に寝れるかどうかが決まるので、重要なポイントの一つになります。

用途や自分の好みによって、自分に合った快適に寝れる素材を見つけてみてください。

革製なら高級感を演出できる

革製のリクライニングチェアなら、革に光沢があるので高級感を演出することができます。

シックなお部屋や書斎などにおすすめです。

天然皮革は使えば使うほど味がでるので、風合いが出て変化を楽しむことができます。

何年も飽きずに使うことができるのは嬉しいですよね。

ただし、天然皮革はこまめで丁寧なお手入れが必要になります。

面倒だと思う場合は合成皮革の方がおすすめです。

合成皮革の場合は通気性が悪いので夏場は注意が必要です。

快適性を重視する場合には向いていないので、他の素材の方がおすすめです。

メリットとしては水に強いので、汚れがついても簡単に落とすことができます。

お手入れが楽で使い続けやすいですよ。

メッシュ素材は通気性抜群で快適

メッシュ素材の一番の特徴は通気性の良さです。

座面や背もたれなどに熱が篭ることがないので、長時間座っていても快適に過ごすことができます。

メッシュ素材はインテリアとしてのおしゃれさは革製のリクライニングチェアと比べると劣ってしまいます。

インテリアにこだわっている場合はお部屋に合わない場合があるので、よく検討してみてください。

メッシュ素材のリクライニングチェアは軽いので、持ち運びも簡単にできます。

メッシュ素材で折り畳みができるタイプのリクライニングチェアは、アウトドアに使うこともできます。

幅広く活用することができますよ。

私なら通気性の良いメッシュ素材のリクライニングチェアを選びます♪

リクライニングチェアのおすすめ3選を紹介!

リクライニングチェアにもさまざまな素材のものや、形など種類がたくさんあります。

そこでおすすめのリクライニングチェアを3つ紹介します。

オットマン付きのものや無段階のリクライニングなど、用途やこだわりたい部分に合わせて選んでみてください。

コロナは無段階リクライニングで自分好みに調節可能

コロナのリクライニングチェアは無段階のリクライニングで、自分の好みの角度に合わせて調節することができます。

細かく調節することができるのは嬉しいですよね。

好みの角度が決まったら、レバーを回すだけで固定することができます。

操作に手間がかからず簡単です。

注意点としては自宅にリクライニングチェアが届いてから、組み立てるときに一人での作業だと難しいところです。

差し込む作業があるので、二人以上で作業をしなければなりません。

高さのある専用のオットマンが付いているので、来客時にはオットマンを一つの椅子として利用することもできます。

エムールは北欧デザインで使う場所を選ばない

エムールのリクライニングチェアは北欧風のデザインでインテリアに馴染みやすいので、リビングや書斎など場所を選ばずに使えます。

どの部屋でも使いやすいのは嬉しいですよね。

またポケットコイルが内蔵されており、耐久性に優れています。

長時間座っていても弾力があるので、体をしっかり支えてくれます。

リクライニングは7段階で調節できます。

無段階ではないので、自分にぴったりの角度が見つからない場合があります。

気になる場合はコロナのリクライニングチェアの方がおすすめです。

立ち上がりやすい座面の高さに設計されているので、体への負担が少ないのも嬉しいポイントです。

山善のリクライニングチェアは組み立てが簡単

山善のリクライニングチェアは自宅での組み立てが簡単にできます。

六角レンチも付いているので、道具の心配もいりません。

クッションは少し硬めなので、長時間座りすぎるとお尻が痛く感じることがあります。

気になる場合は、店頭で確認してから購入することをおすすめします。

頭部とオットマンのリクライニングが14段階と細かく調節することができるので、自分に合った角度に調節することができます。

14段階もあれば快適に過ごせる角度が見つかりますよね。

ニトリのリクライニングチェアは種類が豊富

ニトリのリクライニングチェアは種類が豊富で、自分に合ったものを見つけることができます。

自分で角度を調節して固定するタイプはもちろん、電動で調節できるものもあります。

革製や布製、メッシュ素材などさまざまな素材のリクライニングチェアがあり、自分の好みに合わせて選ぶことができますよ。

ネットでは不安な場合や、座り心地を試してから購入したい場合はニトリで購入するのがおすすめです。

まとめ

  • リクライニングチェアの背もたれを倒すことで十分なベッドになる
  • 快適に過ごすためにはリクライニングチェアの素材が大切
  • 革製のリクライニングチェアなら高級感を演出できる
  • 天然皮革は使うほど風合いが出るが、こまめなお手入れが欠かせない
  • 合成皮革は汚れを簡単に落とすことができるが、通気性が悪い
  • メッシュ素材は通気性が良いが、インテリアに合わせにくい
  • コロナのリクライニングチェアは、無段階リクライニングで自分好みに調節が可能
  • エムールのリクライニングチェアは北欧デザインで使う場所を選ばない
  • 山善のリクライニングチェアは組み立てが簡単
  • ニトリにはさまざまな種類のリクライニングチェアがあり、座り心地を試せる

リクライニングチェアは、ベッドの代わりにすることができます。

自宅のスペースを有効活用したい場合や、ベッドを購入する予算とリクライニングチェアを比べた場合など、さまざまな理由でベッドの代わりにリクライニングチェアを選ぶことがあります。

どんな理由でも、自分が満足できるリクライニングチェアを購入したいですよね。

自分の用途やこだわりに合ったリクライニングチェアを選ぶことで、快適な生活を送ることができます。

ぜひベッドの代わりに、自分の生活に合ったリクライニングチェアを選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました