アロマで虫は寄ってこない!手作りレシピやおすすめ商品も紹介!

アロマキャンドルやアロマデュフューザーなど、リラックス効果や芳香剤としてアロマを自宅で使用している方も多いのではないでしょうか。

良い匂いに包まれていると、幸せな気分になれますよね。

しかし、甘い匂いにつられて虫が寄ってくるのではないか?と心配になりますよね。

アロマは植物から採取した成分によってできているので、虫が寄ってくることはありません。

安心して夏でも自宅で楽しむことができます。

せっかくアロマを楽しんでいるのに、虫が寄ってくるかもしれないと心配しながら使うのは嫌ですよね。

それどころか、匂いによっては虫除け効果があります。

リラックスしながら虫除けもできるなんて嬉しいですよね。

今回はおすすめのアロマや、アロマのレシピを紹介します。

アロマに虫が寄ってくることはない

アロマに虫が寄ってくることはないので、安心してアロマを楽しむことができます。

虫によって苦手な匂いが違うので、虫と効果のあるアロマの匂いを詳しく紹介していきます。

植物に備わる自己防衛機能による防虫効果が期待できる

アロマオイルは植物から抽出される精油を使って作られています。

抽出される精油は植物が自己防衛のために作っているので、防虫効果があります。

虫の身体は小さいので、少しの匂いでも全身への刺激だと感じるのです。

人間にとってはいい匂いでも虫にとっては嫌な匂いなので、アロマに虫が寄ってくることはありません。

花には虫が寄ってくるというイメージだったので、衝撃的ですよね(笑)

確かに市販の虫除けにも、ハーブの香りと書かれた商品を見かけます。

精油を選べば、防虫効果が期待できることは間違いないと考えられますよね♪

小バエやダニにはレモングラスがおすすめ

レモングラスには「シトロネラール」と呼ばれる成分が多く含まれており、小バエやダニに防虫効果があります。

レモンに似た匂いで、爽やかな匂いがストレスを和らげてくれます。

万人受けする匂いで、お部屋で使いやすいのが嬉しいですよね。

キッチン周りやゴミ箱周辺に使うと効果があります。

ただし、蚊には効果が無いので注意が必要です。

レモングラスと相性の良い匂いはマンダリンで、同じ柑橘系なので相性が良いです。

組み合わせるときには1:1の分量で合わせてみてください。

ゴキブリはスパイス系の匂いが苦手

ゴキブリはハッカやシナモンなど、スパイス系の匂いが苦手です。

キッチンやシンク下に置いておくと虫除け効果があります。

癖のある匂いが苦手な場合もあるので、匂いを確認してから購入するのがおすすめです。

刺激のある匂いなので、気分を上げたい時にもおすすめです。

アニスや山椒は逆にゴキブリが寄ってくるので、密閉できるものに入れて保管しておきましょう。

ハッカと相性の良い匂いはラベンダーです。

ラベンダーのフローラルな匂いが、ハッカ独特の匂いを中和してくれます。

分量はハッカが6滴、ラベンダーが4滴で組み合わせてみてください。

ほかにもアロマでゴキブリ対策をしたいあなたには、こちらの記事もおすすめです。

アロマの虫除けスプレーのレシピを紹介

アロマオイルを使って自分で虫除けスプレーを作ることができます。

市販のものだと成分が気になる場合や、小さいお子さんがいる場合には手作りの虫除けスプレーがおすすめです。

自分で作るとレシピに何が使われているのかが分かるので、安心して使うことができますよね。

しかし自分で作るとなると、たくさんの材料や複雑なレシピを想像する人もいるのではないでしょうか。

今回は簡単でおすすめのレシピを紹介します。

体に優しい成分で、簡単に虫除けスプレーを作ることができますよ。

虫除けスプレーに必要な材料はたったの4つ

虫除けスプレーは4つの材料で作ることができます。

  • 精油(エッセンシャルオイル) 10滴
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml
  • スプレー容器 50ml

エッシェンシャルオイルはレモングラスやペパーミント、ハッカなどがおすすめですね。

ラベンダーなど、リラックスできるお好みの香りとブレンドして作ると、柔らかい香りの虫よけスプレーが作れます。

何より少ない材料で簡単に作ることができるのは嬉しいですよね。

無水エタノールや精製水はドラッグストアで手に入るので、お好みのアロマをお持ちならすぐ実践できます。

虫除けスプレーは3つの工程で作ることができる

虫除けスプレーの作り方はとても簡単です♪

なんと3つの工程で虫除けスプレーを作ることができます。

虫除けスプレーの作成手順
  • 手順1
    スプレー容器に無水エタノールを入れる
  • 手順2
    アロマオイルを10滴入れて、蓋をしてよく溶かす
  • 手順3
    精製水を入れて再びよく溶かす

アロマオイルを数種類混ぜる場合は、合計で10滴になるように入れましょう。

たったこれだけの工程で完成するので、気軽に作ってみることができます。

作った虫除けスプレーの使用方法

お部屋全体に散布したり、お出かけ前に肌につけたりして使用します。

スプレーする前によく振ってから使用してください。

注意点としては

  • 生後6ヶ月未満の赤ちゃんには直接肌に触れないようにする
  • 素材によってはシミになることがあるので、目立たないところで試してから使用する
  • 肌が弱い人はパッチテストをする
  • 2週間程度で使い切る

お部屋にも身体にも使うことができるので便利ですよね。

注意点に気をつけながら使用してみてください。

アロマの虫除けスプレーおすすめ商品3選

市販のアロマの虫除けスプレーにもたくさんの種類があります。

その中でもおすすめのアロマの虫除けスプレーを3つ紹介します。

シトロネラボディースプレーは赤ちゃんでも使える

シトロネラボディースプレーは、天然由来原料から作られたボディースプレーです。

天然由来なので、1歳の赤ちゃんから使うことができます。

成分は主に、シトロネラ、レモンユーカリエッセンシャルオイルなどが配合されおり、爽やかな匂いが特徴です。

自然な匂いで強くないので、一般的な虫除けスプレーの匂いが苦手な方にもおすすめです。

家族全員で使うことができるのが嬉しいですよね。

使い方は腕や足に2~3回スプレーするのが基的な使い方ですが、小さなお子様には大人の手にスプレーしてからつけてあげると、口や目に入らず安心して使うことができます。
帽子などに吹きかける使い方もできます。

効果は約3時間なので、3時間以上外出するときはつけ直す必要があります。

値段は一般的なアロマの虫除けスプレーに比べると高いですが、効果を考えると値段以上の価値がありますよね。

IHADAは衣類にスプレーするだけで効果がある

IHADAのアロマ虫除けスプレーは直接肌につけなくても、衣類やベビーカーにつけるだけで効果を発揮します。

マルチファイバーテストをしているので、衣類の生地を傷めません。

肌に直接つけなくて良いので、肌が弱くても使うことができますね。

値段は50mlで1,980円と他のアロマ虫除けスプレーよりも高いです。

50mlでも約330回分使えるので、125mlよりも50mlの方がおすすめです。

口コミには匂いがキツすぎるとあったので、気になる人は店舗で匂いを確認してから購入してみてください。

肌や衣類だけではなく空間にも使うことができるので、網戸や換気扇にスプレーしても効果があります。

家でも使用することができるのは嬉しいですよね。

パーフェクトポーションは良い匂いが長時間続く

従来のパーフェクトポーションがリニューアルされ、香りの持続時間が長時間持つようになりました。

良い匂いに包まれていると癒されますよね。

パーフェクトポーションのアロマ虫除けスプレーはディートが含まれていません。

肌が弱くても安心して使うことができます。

しかし肌に優しいので、虫除け効果は他のものと比べると弱いのがデメリットです。

買い物や短時間の外出時におすすめです。

夏やスポーツ後の臭いが気になる空間にスプレーしたり、ボディスプレーとして使っている人もいます。

さまざまな用途で使うことができるので、大きいサイズの125mlがおすすめです。

まとめ

  • アロマは植物から採取した成分からできているので、虫が寄ってくることはない
  • 蚊やダニにはレモングラスがおすすめ
  • ゴキブリはスパイス系の匂いが苦手
  • アロマオイルを使って自分で虫除けスプレーを作ることができる
  • 虫除けスプレーに必要な材料は4つ
  • 虫除けスプレーは3つの工程で作ることができる
  • シトロネラボディースプレーは赤ちゃんでも使える
  • IHADAの虫除けスプレーは衣類にスプレーするだけで効果がある
  • パーフェクトポーションは良い匂いが長時間続く

アロマの良い匂いでリラックスしながら、虫除けもできるなんて最高ですよね。

ぜひ自分に合った匂いや、目的に合った匂いを選んで、アロマのある生活を楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました