バランスボールの効果は一ヶ月で実感♪もっと発揮させる使い方も紹介

バランスボールって一ヶ月でも効果がでるのかな?

バランスボールは体の内側にある筋肉が鍛えられて、肩こりや姿勢の改善を、一ヶ月でも効果を実感しやすい、おすすめのエクササイズ方法です

私もデスクワークで肩こりや猫背がひどいので、椅子の代わりにバランスボールを使ってみたいと思っていました♪

バランスボールの効果的な座り方には、背筋をしっかりと伸ばし、視線は前に向けて、バランスを整えることが大切です。

一ヶ月でも効果を実感しやすいバランスボールですが、ボールの選び方を間違ってしまうと、効果を発揮することができません。

本記事では、一ヶ月でも期待ができる効果と、バランスボール選びの方法を紹介しています。

また、より効果的な座り方や、使い方についても説明しているので、ぜひ参考にしてみてください♪

バランスボールの効果で一ヶ月に3つの悩みが解消!?

バランスボールを一ヶ月使うと、バランスを取るために多くの筋肉が使われるので、肩こりなどの体の不調や姿勢改善、ダイエットに関わる効果が期待できます。

私も子供と遊びながらや、テレビを見ながらなど、「辛い」という気持ちにならずに筋肉が鍛えられる、バランスボールはとても好きです♪

バランスボールは全身の筋肉を使い、バランスを取ろうとするので、普段は鍛えにくい体の奥にある筋肉の、「インナーマッスル」を鍛えることが可能です。

姿勢改善にしても、ダイエット向きの体をつくるにしても、筋力強化は大切ことなので、まずはバランスボールを一ヶ月使って筋力アップを目指しましょう!

今回は、バランスボールを使うことで期待ができる3つの効果を紹介していきます♪

肩こりや腰痛などの体の不調もバランスボールで解消

バランスボールで筋肉を使うと、血流が良くなるので肩こりや腰痛などの体の不調が気になるときにも効果を発揮します。

バランスを取るために全身の筋肉を使うことで、こり固まった筋肉を緩めて、血行が良くなります♪

腰痛がひどいときなどは、体の負担を減らすために、一度軽くストレッチをしてからバランスボールに乗りましょう。

バランスボールを一ヶ月使ってみて、「肩こりや腰痛への効果を実感した」との声も多くあがっています。

椅子の代わりにバランスボールを使ったら、首や肩のこりが減りました。

バランスボールを使い始めてから、お尻の痛さや腰痛が緩和されました!

肩こりや腰痛などの体の不調を感じたら、バランスボールにのって、こり固まった全身の筋肉をしっかり動かしていきましょう♪

猫背やストレートネックを解消して姿勢美人を目指そう

バランスボールにのると、姿勢を整えるためのインナーマッスルが鍛えられるので、猫背などの姿勢を良くしたいときにも効果を発揮します。

「インナーマッスル」は普段意識して使うことが難しい筋肉で、体のバランス調整や姿勢を整えるためにとても大切な筋肉です。

バランスボールでは表面の筋肉だけではなく、体幹となる内側の筋肉を鍛えられるので、普段の筋トレと組み合わせてみるのもおすすめです。

猫背やストレートネックなど、「姿勢の悩みがよくなった」との声もあがっています。

猫背でしたが、姿勢が良くなったと周りから褒められました。

同じ姿勢を続けていると、ストレートネックの原因になってしまいます。

バランスボールに座っていると自然と色々な体勢に体が動くので、ストレートネックの予防になりますね。

バランスボールを一ヶ月使ってみて、インナーマッスルが鍛え抜かれた、綺麗な姿勢美人を目指しましょう♪

基礎代謝up!ダイエット向きの体づくりにも効果的

インナーマッスルが鍛えられることで、基礎代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなるので、ダイエットに適した体づくりにも効果を発揮します。

基礎代謝が高いと、多くのカロリーが消費されて、結果として太りにくい体を保ちやすくなります。

私もダイエットをしていましたが、代謝が落ちてきて痩せにくい体になっていたときは、どんなに頑張っても効果を感じにくかったです。

また、腸に近い筋肉を鍛えることができるので、体の老廃物を流す力もついて「むくみの改善」にも効果が期待できますよ♪

ただし、ダイエット目的でバランスボールを使うときは、注意が必要です。

消費カロリーが低いのでバランスボールだけでのダイエットは難しいです。

ダイエットが目的のときは、バランスボールでダイエットに適した体をつくりながら、普段おこなっているダイエット方法を続けてみましょう♪

実際にダイエットに取り入れている人が多い、人気のエクササイズ方法です。

バランスボールを一ヶ月取り入れてみたら、姿勢が良くなり、体重も減ったので嬉しいです!

バランスボールは、気軽に楽しくできるのでより継続しやすいエクササイズですね♪

バランスボールの効果的な座り方と種類の選び方を紹介

バランスボールをより効果的に使うには、綺麗な姿勢を意識することと、自分にあったボールのサイズを選ぶことが大切です。

私もストレッチなどを日頃行なっていますが、1日のトレーニング量を増やすよりも、しっかりと継続する方が効果を感じ、その結果が持続しやすいと実感しています。

最初は「椅子の代わりにバランスボールを使う」など、日常の場面に取り入れてみると、継続もしやすいのでおすすめですよ♪

また、バランスボールも身長やニーズに合ったものを選ぶことで、よりトレーニングの効果が期待されるので、選び方もとても重要なポイントとなってきます。

今回は、ボールを椅子代わりに使うときの効果的な座り方と、バランスボールの選び方を紹介していくので、日常生活の中に気軽に取り入れてみましょう!

バランスボールは座り方を意識して効果を高めよう

バランスボールを椅子代わりに使うとき、座り方を意識することも効果を高める大切なポイントです。

デスクワークなどは特に猫背になりやすいですが、普段使っている椅子からバランスボールに変えてみると前屈みになりにくいので、すぐに効果を実感できると思いますよ。

また、バランスボールに安定して座ろうとすると、足を組めない姿勢になるので、足を組む癖をなくす一歩に繋がります

最初は数分座るだけでも疲れてくるので、無理はせずに短い時間から始めてみましょう。

バランスボールの効果的な座り方には、3つのポイントを意識していきましょう!

背筋を伸ばして骨盤を立てるイメージで座る
  • 安定した姿勢を維持するためには、骨盤を立てることが大切
  • 背筋を伸ばして、上半身を骨盤の上にのせるイメージで座る
視線はまっすぐ前を向く
  • 安定して座れないと感じるのは、視線が下を向いているのが原因の場合がある
  • 視線が下がると猫背になり、骨盤も後ろに下がってしまうので、常に前を向くことを意識する

せっかくバランスボールにのっても、背筋が曲がっていたらもったいないですよね。

背筋をしっかりと伸ばして、綺麗な姿勢を保つことを心がけてみましょう♪

腰に手を当ててバランスを確認する
  • 骨盤をうまく立てられないときは、腰に手を当ててバランスを取りなおすと、正しい姿勢に戻りやすい
  • 座っているうちに姿勢が悪くなったと感じたら、腰に手を当てて改めて背筋を意識してみる

バランスボールにはしっかりと座り、両足に頼らず体幹を使って座ることを意識してみましょう。

最初はこの3つを意識して座るだけでも、効果が変わってくると思います。

効果的な座り方のポイントが分かったら、より効果を高めるために大切な、「バランスボール選び」についても理解を深めていきましょう♪

バランスボール選びは重要!ポイント3つを意識しよう

バランスボール選びは適当になりがちですが、効果を実感するためにも、重要な3つのポイントを意識して自分に合ったボールを選びましょう。

サイズが合わないとバランスがうまく取れず、効果が薄くなってしまうこともあるので注意が必要です。

体に大きな負担をかけずにトレーニングをするためにも、サイズ選びは重要ですよ。

「ポイント1」身長に合ったバランスボールを選ぼう
  • 身長150cm未満・・・バランスボールサイズ「直径45cm〜55cm」
  • 身長150cm〜170cm・・・バランスボールサイズ「直径55cm〜65cm」
  • 身長170cm〜180cm・・・バランスボールサイズ「直径65〜75cm」
  • 身長180cm以上・・・バランスボールサイズ「直径75cm〜85cm」
「ポイント2」耐荷重をチェックしよう
  • バランスボールは商品によって、耐えられる重さが決まっている
  • 反動をつけたり、跳ねたりするトレーニングも行うときには、自分の体重よりも耐荷重に余裕があるものを選ぶことが大切

今は色々な使い方に合わせたバランスボールが販売されていますが、基本的には自分の体重以上のものを選べばOKです!

「ポイント3」バランスボールの構造をチェックしよう
  • 二重構造で、パンクしても破裂しない「アンチバースト(ノンバースト)タイプ」がおすすめ
  • バランスボールは頑丈な塩化ビニール素材でつくられているものが多い

表面はツルツルしている素材や、ざらつきのあるものなどが販売されているので、好みの素材を選びましょう。

アンチバースト(ノンバースト)タイプは、もし穴があいてしまっても、ゆっくりとしぼんでいく構造になっているので、初心者でも安心して使うことができますよ。

この3つのポイントを意識しながら、お気に入りのバランスボールを見つけてみましょう♪

大人向けから子供向けまでおすすめのボール3選を紹介

バランスボールは椅子としても使いやすい商品やお手頃価格の人気アイテムのほか、小さな子供向けのかわいい商品もあるので、中でもおすすめの3種類を紹介していきます。

お気に入りのバランスボールを見つけて、毎日のトレーニングを楽しい時間にしていきましょう♪

色も豊富でとにかく使い勝手が良い楽天で人気のアイテム!

東急スポーツオアシスが販売しているバランスボールには、4つの特徴があります。

  1. 固定リング付きで転がらない
  2. カラーが豊富で楽しくエクササイズができる
  3. ノンバーストタイプ
  4. ハンドルポンプ付きですぐに使える

固定リングがついているので、デスクワーク中の椅子の代わりにも使いやすく、リングを外せばトレーニングの幅も広がります。

また、固定ができると、赤ちゃんを抱っこしながらでも親子でゆらゆらと楽しく、リズムにのることができますよ♪

カラーも可愛い色がたくさんあるので、ぜひ見てみてくださいね。

女性にも男性にも使いやすく、固定して椅子代わりとしても使いたいときに、おすすめのバランスボールです。

手軽に使い始めたいときにおすすめのコスパが良いバランスボール

アンチバーストタイプでカラーサイズも豊富、空気入れもついてくるのにコスパが良いと人気のバランスボールです。

人気で売り切れているカラーもあるので、気になったらチェックしてみましょう。

価格が安いのに材質もつくりもしっかりしているとクチコミで人気のアイテムですよ!

耐荷重も250kgまでなので、男性でも安心して使えるバランスボールですね♪

コスパもよく、家族全員で気軽に楽しめるおすすめのバランスボールです。

子供にもおすすめの可愛くて安心素材のバランス遊具

可愛らしい見た目で、子供から大人気のバランス遊具「ブルーナボンボン」です。

硬そうな見た目ですが、実際は柔らかい素材で、飛び跳ねて楽しく遊ぶことができますよ!

安全性に優れた素材と設計で、90kgまで耐えられるので、激しく跳ねたり踏みつけたりしても怪我や床に傷がつく心配が少ないのが特徴です。

私の子供もブルーナボンボンをプレゼントでもらい、ぴょんぴょんと楽しそうに遊んでいました♪

お家時間でも、楽しく運動ができる素敵なアイテムですね。

まだバランスボールにのれない小さな子供でも、安心して楽しめるおすすめのバランス遊具です。

ニーズに合ったバランスボールを選んで、楽しくトレーニングを継続していきましょう!

バランスボールの効果的な使い方!おすすめ3選を紹介

バランスボールを使ってより効果的な使い方をしたいときには、体全体を使った運動を取り入れてみると多くの筋肉の刺激になるのでおすすめです。

一ヶ月でも取り入れやすいメニューなので、ぜひチャレンジしてみましょう!

インナーマッスルだけでなく、腹筋や背筋といった別の筋肉にもアプローチができる簡単なメニューなので、自分に合ったやり方を取り入れてみてください。

また、バランスボールを使ったトレーニングをするときは、次の点に注意して行いましょう。

  • 安定性を高めるために、空気を規定の量までしっかりと入れる
    空気圧が足りないと、意図しない方に動いてしまうことがあるので怪我の原因になる
  • 周囲に危ないものがないか確認して場所を確保する
    バランスボールを使っていると、体勢を崩して大きく動くこともあるので、周囲の安全を確保してからトレーニングを行う
  • 体への負担をかけないために、無理な体勢で行わない
    体勢が崩れたままトレーニングを続けると、筋に強い負担がかかり転倒する恐れもあるので、正しい姿勢を心がける

初めて行うメニューは、無理をせずできる範囲で体を動かして、より効果的な使い方をしてみましょう♪

テレワークの合間にもできる簡単エクササイズ♪

仕事中バランスボールを椅子代わりとして座っているときにも、サクッと簡単にできる効果的な使い方があるので紹介します。

引用:ルネサンスチャンネル

実際にやってみると、思っている以上に骨盤周りが動いて、腰回りがスッキリする感覚がありました。

  1. 両方の手を骨盤のでっぱりに当てる
  2. ボールを下に向かって押しながら、右にスライドする
  3. 真ん中に戻る
  4. ボールを下に向かって押しながら、左にスライドする
  5. 2〜4を繰り返す
  6. ボールを下に向かって押しながら、前後にも動く

頭の位置をできる限りずらさないで、下に向かって押すことがポイントで、最初は難しいですがゆっくりでも意識して行ってみてください。

このトレーニングで、骨盤周りにもしっかりアプローチしていきましょう!

バランスボールを使って足の辛いむくみを解消しよう

バランスボールを使って、足に溜まったむくみを解消する簡単なトレーニングがあるので、足のむくみが気になるときにぜひ試してみてください。

引用:ルネサンスチャンネル

私もやってみましたが、20秒キープするのは大変なくらい、足の筋肉にとても効果を感じました。

バランスボールに足をつける位置や、膝の位置でも負荷がかかる部分が変わってくるので、この一つの動きで、足に多くの効果的な動きができました!

  1. 仰向けになり、バランスボールに足をのせる
  2. 手をしっかり床につけて、お尻を上に持ち上げる
  3. 足首を立てて、ふくらはぎも伸ばす
  4. 内ももに力を入れたいときは、膝を内側に閉じる
  5. 20秒程度キープ

足の筋肉をしっかりと動かして、血行をよくすることでむくみの解消をしていきましょう♪

下半身の大きな筋肉を使って体幹やお尻にアプローチ!

下半身の大きな筋肉を使った筋トレを、バランスボールを使いながら行うことで、ヒップアップにも効果的な使い方ができますよ。

バランスボールを使って普段の筋トレを行うと、体幹を鍛えながら、筋肉にもアプローチができるのでおすすめです。

引用:ルネサンスチャンネル

実際に行ってみたら、片足でバランスを取るのが難しかったので、最初は壁などにつかまりながらするのも良いかもしれません。

足やお尻に効いている感覚があり、ヒップアップをしたい私にはとても良いトレーニングでした♪

  1. 足の甲の下にボールがくるように、片足をバランスボールの上にあげる
  2. 胸を起こして、両手を骨盤のでっぱりに当てる
  3. ももの付け根を前に見せるイメージで、前足を曲げる
  4. 元に戻る
  5. 3回程度繰り返したら逆足も行う

地面についている足の太ももの筋肉とお尻を使って、上手にバランスをとりましょう。

お尻の筋肉にも効果的ですが、姿勢改善にもおすすめのトレーニングですよ!

また、今回紹介した3つのメニューのほかに、上半身へのアプローチも含めた、多くのトレーニング方法を紹介している記事もあるので、ぜひチェックしてみてください♪

バランスボール1つで多くの運動ができるので、自分に合ったトレーニング方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

  • バランスボールを一ヶ月使うと、バランスを取るために多くの筋肉が使われるので、肩こりなどの体の不調や姿勢改善、ダイエットに関わる効果が期待できる
  • 血流が良くなるので肩こりや腰痛などの、体の不調が気になるときにも効果的
  • 姿勢を整えるための「インナーマッスル」が鍛えられるので、猫背などの姿勢を改善したいときにも効果的
  • インナーマッスルが鍛えられることで、基礎代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなるので、ダイエットに適した体づくりにも効果的
  • バランスボールを使って一ヶ月で効果を出すなら、「背筋」「視線」「バランスを整える」ことを意識した座り方をするのがおすすめ
  • 効果を出すにはバランスボール選びも重要で、「身長に合ったサイズ」「耐荷重」「構造」の3つを意識して選ぶ
  • バランスボールは椅子にも使いやすい商品やお手頃価格のアイテムのほか、小さな子供向けのかわいい商品もある
  • バランスボールを使ってより効果的な使い方をしたいときには、体全体を使った運動を取り入れてみると、多くの筋肉の刺激になる

バランスボールを使ったことがないとき、まずは一ヶ月を目安に無理のない範囲で継続してみましょう!

継続した分だけ、自分の体に結果が現れてきますよ。

一ヶ月でも効果を実感しやすいバランスボールで、体幹を鍛えて、綺麗な姿勢や体づくりを行ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました