クーハンはベッド代わりになる!赤ちゃんのために安全な使用法の紹介

もも
もも

ベッドの代わりとしてクーハンを使うことはできるかな?

クーハンは赤ちゃんの寝る場所としてベッドの代わりに使うことができます!

産まれたばかりの赤ちゃんは昼夜問わず寝る時間がほとんどです。

そんな中で、赤ちゃんの寝る場所がベッドだけでは不便に感じられる場面も多いですよね。

まだ骨格や筋肉が未発達の赤ちゃんを長時間寝かせる場所としては適していません。

クーハンは、リビングで過ごすときや沐浴中、お母さんの入浴中など様々な場面でベッド代わりに赤ちゃんの居場所として活躍しますよ。

オレンジ
オレンジ

この記事ではクーハンのメリット、デメリット使う上での注意点やおすすめのクーハンについて紹介します!

子育ては人それぞれだと思いますし、赤ちゃんの事となると何が1番いいのか悩みますよね。

そんなあなたにはバッグ型になり持ち運びが簡単、欲しい機能がひとつになった「バッグdeクーファンが」おすすめですよ♪

クーハンをベッド代わりに長時間使うのはNG!

クーハンはベッドの代わりに使用することができますが、夜間の睡眠時など長時間赤ちゃんを寝かす場所としては適していません。

クーハンのマットレスはベビーベッドと比べると柔らかいものが多いです。

マットレスが柔らかいと顔が埋まってしまったり、壁が近いので掛け布団が顔に掛かりやすく窒息の可能性があり危険です。

そのため、親が常に確認できる状況で使用する必要があります。

クーハンは主に赤ちゃんを日中寝かせたり、おむつの交換や、沐浴のあとの着替える場所として使用できます。

これだけ見ると、特別クーハンは必要ないかなと感じるかもしれません。

しかしクーハンはさまざまな場面で活躍し、使ってよかったと思うような魅力がたくさんあるのです!

クーハンは赤ちゃんと一緒に室内の移動ができて安心

クーハンは毎日の生活で活躍する場面がたくさんあります!

家事をしている最中は、家の中をあっちこっちに移動することも多いですよね。

赤ちゃんを別室のベビーベッドに寝かせたまま、目を離すのは少し心配です。

目の届く場所にクーハンを移動し、赤ちゃんを寝かせておけば常に近くで確認ができるので安心です。

オレンジ
オレンジ

私は、子供のお昼寝や家事の最中など日中過ごす時間はクーハンを使用していました!

また、上に小さい子供がいる場合、家の中を元気に走り回ったりして赤ちゃんを踏んでしまわないかひやひやするなんてことも。

そんな時も、クーハンを使えば赤ちゃんの居場所を安全に確保できますよ。

持ち運びが便利なクーハンは外出時に活躍!

もも
もも

クーハンは他にどんな場面で使えるのかな?

クーハンは持ち運びが簡単にできるという特徴があります。

持ち運びができるので、外に出かけた際に赤ちゃんを寝かせて置く場所としても使えます。

まだ、動けない赤ちゃんは抱っこする以外は寝て過ごすことがほとんどです。

一時的に過ごす場所として、赤ちゃんをどこに寝かせるか悩みますよね。

例えば、実家に帰省した時に一緒に持っていけば赤ちゃんの居場所として使うことができます。

自宅や実家で犬や猫などのペットを飼っている場合、ペットから赤ちゃんを守ることもできていいですよ。

家族と外食する時に、クーハンを持っていけば、赤ちゃんを寝かせることができてお母さんも安心して食事ができます。

オレンジ
オレンジ

私は、子供のお食い初めで飲食店を利用した時、お店にクーハンを持って行きました。

サッと組み立てられて子供を寝かせられたのでとても助かりましたよ。

クーハンを使えるのは赤ちゃんが寝返りするまで

赤ちゃんが寝返りできるようになってからはクーハンの使用は辞めましょう。

寝返りでクーハンが一緒に転倒する危険があります。

赤ちゃんによって個人差はありますが、生後4か月頃から6か月頃で寝返りできるようになると言われています。

早い子で3か月頃から寝返りができるようになる赤ちゃんもいますよね。

クーハンの使用期間は数ヶ月と思うと短く感じるかもしれませんが、クーハンは卒業した後も使い道があります!

クーハンにも種類があり、かご性のバスケット型のものと、布製のバッグ型のものがあります。

かご性のものは見た目が可愛らしくインテリアとしてオムツ入れにしたり子供のおもちゃ入れにしてもいいですよね。

布製のものは、物入れとして使うことはもちろんですが、中には広げられるタイプもありプレイマットとして使用することができますよ。

クーハンベッドを安全に使うポイントを紹介!

クーハンはさまざまな場面で活躍する便利なアイテムですが誤った使い方をすると事故に繋がる恐れがあります。

安全にクーハン使うために気をつけるポイントを紹介します。

クーハンを使うとき特に気をつけたい8つのポイント

クーハンは置く場所に危険がないかなど使うときに注意が必要です。

クーハンを安全に使うためのポイントを8つ紹介します。

POINT
  • 斜めになっていない水平で平らな場所で使用する
  • テーブルなどの高い所または不安定な所には置かない
  • ストーブなどの危険物がない所に置く
  • マットは付属品以外は使用しない
  • クーハンに赤ちゃんを寝かせたまま持ち運ばない
  • クーハンに赤ちゃんを寝かせた状態で車に乗せない
  • 寝返りや座れるようになったら使用しない
  • 親の目の届くところで使用する

クーハンは斜めになっていない水平な、テーブルなどの高い所、不安定な所には置かないようにしてください。

ちえ先生
ちえ先生

まだ、寝返りの出来ない赤ちゃんでも寝ている間、まったく動かないと言うわけではありません。

赤ちゃんは睡眠が浅いことが多いので寝ている間もよく動きます。

そのため、不安定な場所で使用すると、ふとした時にクーハンごと転倒する危険があります。

また、ストーブなどの危険物が近くにない所に置くようにしてください。

そして、クーハンに赤ちゃんを乗せたまま持ち運ぶ事も危険なのでやるようにしましょう。

赤ちゃんは自分で危険を知らせることができません。

少し目を離した瞬間に事故が起こる可能性もあるので、親の目の届く場所で使用しましょう。

クーハンの手作りは危険なのでやめよう!

クーハンは一見、簡単な構造にも見えるため生まれてくる赤ちゃんに手作りしてみよう!と思う事もあるかもしれません。

しかし、手作りでは安全性や耐久性を保証できません。

手作りクーハンは思わぬ事故につながる危険がありますので辞めましょう。

販売されている商品は製造過程で赤ちゃんの重さをしっかり支えるためにきちんとした検査を行なっています。

ちえ先生
ちえ先生

この検査に合格したものが販売品として流通しています。

また、中古品や知人や親戚から貰ったお下がりを使う事もあるかと思います。

その場合は、取っ手が取れそうになっていないかなど隅々まで使用前に必ず検品をおこなってから使うようにして下さい。

一見当たり前の事を言っているようにも感じますが、

「これくらいなら大丈夫…」

「少しの間だけなら…」

このほんのちょっとの油断が事故に繋がります。

無理はせずに赤ちゃんの安全を第一に過ごしてくださいね。

クーハンベッドにおすすめの商品を紹介

もも
もも

クーハンは種類がたくさんあってどれにしたらいいか迷うなあ…

クーハンと言ってもかご型のものや布製のも、機能もそれぞれでどれがいいのか迷いますよね。

ここでは、クーハンを種類別に紹介します♪

布製のバック型は機能性が抜群!

布製のクーハンの魅力的なところは、機能性がたくさんあり色んな使用法ができるいう点です。

赤ちゃんのお世話はおむつ漏れや、吐き戻しもしょっちゅう起こります。

そんな時、布製のクーハンはカバーが洗濯できるので赤ちゃんの寝る場所を常に清潔に保つことができますよ。

バック型に畳めば持ち運びが簡単なので外出先での使用も可能です。

おむつ替えやお着替えの時はもちろん、子どもが大きくなってからはクーハンを広げてプレイマットとしても活躍しますよ♪

そこでおすすめの布製クーハンがこちら!

5wayと機能性が抜群で、カバーの素材が綿100パーセントになっており自宅でいつでも洗濯できて常に清潔に保つことができます!

柄も可愛い2種類から選べますよ♪

バスケット型はインテリアにも馴染んでおしゃれ

ナチュラルで優しい雰囲気のバスケット型クーハンは、どんなインテリアにも馴染みやすく人気です。

赤ちゃんが大きくなってからは赤ちゃんのおもちゃ入れとして使用してもいいですね。

バスケット型のクーハンはトウモロコシの皮を使用して編まれているものが多く、軽くて柔らかいです。

そのため、赤ちゃんの手足が触れても安心です。

さらに、バスケット型は通気性がよいので体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんの寝る場所としてぴったりですよ。

床にクーハンをそのまま置くことが心配なときは、クーハンスタンドの使用をおすすめします。

ゆりかご仕様のものもあり、赤ちゃんにゆらゆらと心地いい眠りを届けてくれますよ。

クーハンはレンタルという選択肢もある!

クーハンはコンパクトで場所を取りませんがそれでも使わなくなったら邪魔だなと感じる時はレンタルするという選択肢もあります。

レンタルの場合は利用するところにより値段が違いますが、「ナイスベビー」というサイトでは3ヶ月4730円からとなっています。

レンタルするよりも安価で購入できるクーハンもあるので、割高になってしまう可能性もあります。

かな
かな

ベビーベッドの他に日中、そばに赤ちゃんを寝かせておける場所があるのはとても助かりました。

使用できる期間は数ヶ月と短いですが、クーハンによってはその後も使い道があるので購入の検討をおすすめしますよ。

まとめ

  • クーハンはベッド代わりになるが長時間の使用はしない
  • 家の中の移動時も、クーハンを使うことで赤ちゃんをそばに寝かせておくことができる
  • 持ち運びに便利なので外出時にも赤ちゃんを寝かせる場所として使える
  • 赤ちゃんが寝返りできるようになると、寝返りと共に転倒の危険性があるので、クーハンの使用は辞める
  • クーハンは高い場所に置いたり、使用時期を超えて使ったりするなど誤った使い方をすると事故に繋がる恐れがある
  • 手作りクーハンは安全性が保証出来ないので危険
  • 布製のクーハンは折り畳めたり、広げてプレイマットのように使うことができたりするなど機能性がたくさんある
  • バスケット型のクーハンはインテリアにも馴染んでおしゃれで、おむつやおもちゃ入れとして使うこともできる
  • クーハンはレンタルすることもできるが、購入するよりも割高になることもある

クーハンは短い時間ならベッドの代わりに使うことができるとわかりました。

クーハンはいろいろな子育ての悩みに寄り添った魅力的なアイテムです!

使用期間は数ヶ月と短いですが、ひとつ持っているといろんな場面で活躍するので便利で心強いですよ♪

子育ては人それぞれだと思いますし、赤ちゃんの事となると何が1番いいのか悩みますよね。

そんなあなたにはバッグ型になり持ち運びが簡単、欲しい機能がひとつになった「バッグdeクーファンが」おすすめですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました