産休に入る人へのメッセージを書く時のポイント!例文や贈り物も紹介

産休に入る人へのメッセージってどんなことを書いたらいいんだろう?

産休に入る人へのメッセージは、相手に寄り添った、前向きなことを書くとよいです。

普段からお世話になっている大切な仲間に、すてきなメッセージを贈りたいと思っていても、いざ書くとなるとどんな言葉がよいのか迷いますよね。

大切な相手へ、心のこもったメッセージを思うままに書きたくなりますが、デリケートな妊婦さんへのメッセージにはいくつか注意点があるんです。

産休に入る人へのメッセージを書くときのポイントを知ることで、相手へのすてきなメッセージを書くことができそうですね。

この記事では、産休に入る人へのメッセージを書くときのポイントや、相手別のメッセージの例文、一緒に贈りたいプレゼントを紹介しています。

産休に入る人へのメッセージを贈るときのポイント

職場の仲間がもうすぐ産休に入るとき、何か一言メッセージを贈りたいんだけど、いつどんなことに気をつけて贈ったらよいのか悩みますよね。

「産休=赤ちゃんが生まれる」ということなので、メッセージにはお祝いの言葉や感謝の言葉など、ポジティブな言葉を選んで書くようにしましょう!

ここでは、産休に入る人へのメッセージを渡すタイミング、書くときに気をつけたいことの解説、おすすめのカードなどの紹介をします。

産休に入る人へのメッセージを書く時に気をつけること

産休に入る人へのメッセージは、基本的に相手へのいたわりの気持ちが伝わるようなものにしましょう。

具体的には、

  • 妊娠したことへのお祝いの気持ちを伝える
  • 今までの感謝の気持ちを伝える
  • 相手の身体を気遣う気持ちを伝える
  • 戻ってくる場所があることを伝える

これらのことを意識しながら、相手に寄り添うような言葉を選ぶことで、より一層すてきなメッセージになると思います。

また、メッセージを書くときには以下のような内容は避けるようにしましょう。

  • 相手にプレッシャーを感じさせる言葉
  • 生まれてくる赤ちゃんの性別や状態に関わるような言葉
  • 不安をあおるような言葉
  • お別れの言葉
  • ネガティブな言葉

妊娠・出産は嬉しい反面、何が起こるかわからないのが怖いところでもあります。

産休に入る人は、残りの妊娠期間と出産を楽しみと不安な気持ちが入り混じった状態で過ごすことも多いでしょう。

「元気な赤ちゃんを産んでくださいね」など、よく使われそうなことなではありますが、相手にプレッシャーを与える可能性があり、実はNGです。

妊娠中は、身体も気持ちもとてもデリケートです。

普段、何気なく掛けている言葉も、実は相手に嫌な思いをさせているかもしれません。

特に、後にずっと残るメッセージカードに書く内容は、相手を気遣い寄り添ったものにしましょう♪

メッセージを渡すタイミングは産休入りの前後の2通り

産休に入る人へのメッセージを渡すタイミングは、産休に入る前か入った後の2通りです。

職場のみで会う相手ならば、産休に入ってからは会うことが難しいですよね。

そのような相手にメッセージを渡すタイミングは、産休に入る前がおすすめです。

しかし、産休に入った後、出産までに会う機会のあるような親しい相手ならば、産休に入ってから渡すのもよいかもしれません♪

産休に入る直前は、何かと忙しくしていることも多いと思うので、産休に入って落ち着いてからゆっくり渡すのもいいですね!

メッセージを送るカードや色紙はシンプルなものに!

カードや色紙は派手すぎない、シンプルなものを選ぶのがおすすめです。

妊婦さんの心はとてもデリケートなため、派手なものや凝った装飾のカードを渡すことで、かえって恐縮きょうしゅくしてしまうこともあるかもしれません。

また、妊婦さんは香りにもとても敏感になっています。

カードを選ぶときには、香り付きのものは避けるようにしましょう。

職場のみんなで寄せ書きする色紙は、白か派手過ぎなければそこまで気にしなくても大丈夫です!

色紙に直接寄せ書きしてもよいですし、色紙用のメッセージカードなどを活用してもよいかもしれません♪

メッセージカードや色紙を選ぶときのポイント
  • カードも色紙も派手すぎないシンプルなものを選ぶ
  • 香り付きのカード等はNG
  • 色紙は白か派手過ぎなければ気にしすぎなくてもOK

産休に入る人への言葉に悩んだら相手別の例文を参考に

書くときの注意点はわかったけれど、実際に書くとなるとどのような文章がよいのか悩みますよね。

ここでは、相手との関係別に産休に入る人への言葉の一部を例文として紹介しています。

贈るメッセージに悩んだあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

書き出しや文末に悩んだときにヒントになる例文

メッセージを書くとき、書き始めてしまえばスラスラかけるのですが、書き始めるまでに悩んでしまい、なかなか書き進まないなんて経験はありませんか?

書き出しや文末の言葉に悩んだら、以下の例文を参考にしてみてください。

書き出しが決まると、その後はすらすら書けたわ!

産休に入る人への言葉には、冒頭ぼうとうに妊娠したことへのお祝いの一言を入れるとよいです!

書き始めにオススメの例文
  • 妊娠(またはご懐妊かいにん)おめでとうございます。

言われてみると普通の文面なのですが、意外とすぐに思い浮かばなかったりするんですよね。

先輩や上司へのメッセージには「ご懐妊」を使う方が丁寧です。

また、メッセージの書き終わりには、産休中の相手の体調を気遣うものや、復帰を楽しみに待っているというようなことを伝えるとよいです!

文末にオススメの例文
  • 産休中はくれぐれもご自愛じあいください。
  • また一緒に働くことのできる日を楽しみにしています。

では、具体的にどのようなメッセージがよいのかを紹介していきます。

先輩や上司へは丁寧な言葉遣いで感謝の気持ちを添えて

職場の先輩や上司が産休に入るときに贈るメッセージは、基本的には丁寧ていねいな言葉遣いを心がけた文章にしましょう。

今までお世話になったことへの感謝や、今後あなたが仕事に対して抱いている抱負ほうふを書くのもよいかもしれないですね!

先輩へのメッセージの例文
  • 今までお世話になった分、先輩が復帰されたときに成長した姿を見せることができるように頑張ります。
  • 仕事で困っていたときにいつも助けていただきありがとうございました。
  • しばらくお会いできないのはさみしいですが先輩が安心して休めるよう頑張ります。
上司へのメッセージの例文
  • ○○さんがご不在の間、○○さんの穴を埋められるようチーム一丸となって取り組んでまいります。
  • まずは体調第一でご自愛ください。また一緒に仕事できる日を心よりお待ちしています。

親しい先輩や上司であれば、具体的なエピソードを添えて感謝を伝えるのもよいかもしれませんね。

私は、メッセージをもらったときにエピソードが添えられていて、懐かしさにクスッと笑ってしまったのを思い出しました。

後輩や部下には普段の姿を認めてあげるような言葉を

後輩や部下へ贈るメッセージには、先輩として感じてきたことを書くこともおすすめです。

「上から目線」の文章にならないように意識しながら書くようにしましょう。

後輩・部下へのメッセージ例文
  • 体調がすぐれず大変そうな時期もあったけど、一生懸命仕事に励んでくれたこと、感謝しています。出産に向けてゆっくり休んでね。
  • いつもサポートやフォローしてくれて、本当にありがとう。仕事のことは気にせず、ゆっくり休んでね。帰ってくる日を楽しみに待ってます。

普段なかなか伝えられていないような感謝の言葉が添えてあるメッセージは、嬉しさが増しますね。

同僚へはいたわりと復帰後のことに触れたメッセージ

同僚に贈る一言には、相手のことをいたわる気持ちはもちろん、復帰後のことに触れたメッセージもよいかもしれません。

文章の内容は、同僚とどのくらい親しい関係にあるのかで変わってきます。

同期であれば、くだけた感じで、年上の同僚であれば、丁寧な言葉を心がけるとよいですね!

同僚へのメッセージの例文
  • 妊娠中の仕事は大変だったよね。休みに入ったらゆっくりしてください。また一緒に仕事できる日を楽しみにしてるね!
  • 妊娠のことを聞いたときは、びっくりしたけど嬉しかったよ!○○さんに似たかわいい赤ちゃんに会える日が楽しみです。

共に切磋琢磨せっさたくましながら仕事を頑張ってきた同僚だからこそ、メッセージに感情移入しやすそうですね。

熱くなりすぎず、相手を思いやる言葉をしっかりと添えて、産休に入る人への言葉を書くようにしましょう!

産休に入る人へのプレゼントをメッセージと共に贈ろう

産休に入る人へのメッセージにプレゼントを一緒に贈るのもおすすめです。

あまり高額なものを贈ると、受け取る相手の負担になってしまう場合もありますよね。

また、産休に入る人へのプレゼントは香りのあるものなどNGなものもあり、注意が必要です。

どのようなものを産休に入る人への贈り物として選んだらよいのか、ポイントやおすすめを紹介します。

産休に入る人へのプレゼント選びのポイント

産休に入る人へのプレゼントを選ぶときに、いくつか気をつけたいポイントを紹介します。

基本的には、渡す相手(妊婦さん)本人が使うことのできるものを選ぶようにするとよいです。

妊婦さんが飲んだり食べたりすることのできない食材の入ったものを贈ることは避けてください。

また、プレッシャーを与えるようなものもNGとされていて、例えば、安産祈願のお守りなども避けましょう。

香りが強いものも、いろいろなことに敏感になっている妊婦さんにはNGです。

産休に入る人へのプレゼントを選ぶポイント
  • 妊婦さん本人が使えるものを選ぶ
  • ノンカフェインやノンアルコールのものを選ぶ
  • プレッシャーを与えるようなものは避ける
  • 赤ちゃんグッズは生まれてから渡すようにする
  • 香りが強いものは避ける

産休に入る人へのプレゼントは高すぎないものを選ぼう

産休に入る人へのプレゼントの予算はどのくらいがいいのかしら?

あまり高額なものを贈ると、相手に気を使わせてしまうことがあります。

贈り物の予算は、3000円から高くても5000円以内のものにするとよいですね!

また、複数人で贈る場合は、1人1000円くらいを目安に考えるとよいです。

妊婦さんがもらって嬉しいプレゼント7選

産休に入る人へのプレゼントのおすすめを紹介します。

上で紹介したポイントに気をつけながら、渡す相手が喜んでくれる姿を想像して選んでみてください!

●ノンカフェインティー

妊婦さんは身体を温かくしたほうがよいので、ノンカフェインの飲み物はとても喜ばれます。

ハーブティーもノンカフェインですが、ハーブの中には妊婦さんは避けた方がよいものもあるので、気をつけましょう。

相手がコーヒー好きなら、ノンカフェインのコーヒーも喜ばれそうです♪

私は、自分で買うには少し贅沢だなと思うようなノンカフェインティーをプレゼントして貰って嬉しかったです。

●お菓子・食べ物

飲み物同様、妊娠中は口にするものに気を付けている場合が多いです。

甘いお菓子は喜ばれそうですが、体重管理に気を付けていたり、注意を受けていたりすることもあるので、低糖質なものを選ぶことをおすすめします。

妊娠中は体調が安定しない日も多いので、日持ちしないものも避けましょう。

●ハンド・ボディクリーム

妊娠中は、ホルモンの関係で肌が敏感だったり、乾燥しやすくなっていたりするので、保湿力が高いものや、刺激の少ないものを選びましょう!

産休後に迎える臨月の頃に、お腹がぐっと大きくなり、妊娠線ができてしまうこともあるので、妊娠線対策に効果のあるボディクリームもおすすめです。

出産の前後で使えるものや、出産後に赤ちゃんと共有できるクリームは1つあると重宝しそうですね♪

●ブランケット

妊娠中の身体は冷やさないことが大切なので、ブランケットもプレゼントとして喜ばれます。

妊娠中の敏感になっている肌や、出産後に赤ちゃんが使うことも考慮した、肌触りのよい素材のものを選ぶようにしましょう。

私は貰ったブランケットを、生まれた赤ちゃんの掛け毛布に使っていたわ!

妊娠中から出産後まで、長く使ってもらうことのできる贈り物の1つですね。

●入浴剤

毎日のお風呂でリラックスできてよかったという感想も多い、入浴剤もおすすめです。

産後は、赤ちゃんのお世話で忙しくてゆっくり入浴する時間もなかったりするので、産休中にゆっくり身体を休めてね、という気持ちを込めて贈るのもよいですね。

選ぶ時は、香りのキツくない、天然成分を使ったものを選ぶとよいです。

裏の注意書きに「妊娠中は控えましょう」と書いてあるものもあるので、購入前にチェックしてみてください。

●ルームシューズ

入院中に必要なルームシューズは、産休に入ってから用意する場合が多いようです。

事前にリサーチして、まだ用意していないようであれば、プレゼントすると喜ばれそうですね!

妊婦さんや産後すぐ時期は、前かがみになることが難しかったりするので、着脱が簡単で、かつ安定して歩けるようなものを選びましょう。

●カタログギフト

産休に入る人へのプレゼントで、何を贈ればよいのか迷ったときや、相手の好みがわからないときにおすすめなのがカタログギフトです。

複数人で贈る場合のプレゼントにもおすすめです。

妊婦さんが好きなものや必要なものを選んで頼むことができるのが、最大の魅力ですね!

まとめ

  • 産休に入る人へのメッセージは、相手に寄り添った、前向きなことを書くとよい
  • 「産休=赤ちゃんが生まれる」ということなので、メッセージにはお祝いの言葉や感謝の言葉など、ポジティブな言葉を選んで書くようにする
  • ネガティブな言葉、プレッシャーを感じさせるような言葉、生まれてくる赤ちゃんに触れた内容などは避ける
  • メッセージを渡すタイミングは、産休に入る人へのメッセージを渡すタイミングは、産休に入る前か入った後の2通り
  • メッセージを書くカードや色紙は、派手すぎないシンプルなものを選ぶのがおすすめ
  • 職場の先輩や上司が産休に入るときに贈るメッセージは、基本的には丁寧な言葉遣いを心がけた文章にする
  • 後輩や部下へ贈るメッセージには、先輩として感じてきたことを書くこともよい
  • 同僚に贈るメッセージには、相手のことをいたわる気持ちはもちろん、復帰後のことに触れたメッセージもおすすめ
  • 産休に入る人へのメッセージを贈るときに、プレゼントを渡す時は、妊婦さん自身が使えるものを選ぶようにする
  • 相手に気を使わせないような、3000〜5000円くらいで、ノンカフェインの飲み物やハンドクリームなどをプレゼントするとよい

大切な職場の仲間が産休に入るときに贈るメッセージは、相手をいたわる気持ちのこもったものにしましょう。

メッセージを書くときに、NGとなるポイントに気を付けながら、例文を参考に書いてみてください。

産休に入る人へのメッセージやプレゼントを贈って、感謝といたわり、応援の気持ちを届けませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました