睡眠の質を上げる飲み物でリラックスしよう!!おすすめや飲み方を紹介

なかなか寝付けないし、朝起きたときもなんだか疲れがとれないわ…。

しっかり寝たつもりでも、朝起きたときすっきりしなかったり、疲れがとれなかったりした経験はありませんか?

睡眠の質を上げる飲み物を取り入れることで、身体を温めてリラックスした気持ちになれば、眠りにつきやすくなりますよ!

今回は、睡眠の質を上げる飲み物5つと就寝前には避けたほうがいい飲み物をそれぞれ紹介していきます。

睡眠の質を上げることで、仕事や勉強にも集中できて、生活の質も向上していきそうですよね♪

日本人は睡眠時間が短いと言われていますが、睡眠の質を上げることで、しっかり身体を休めておきましょう。

睡眠の質を上げる飲み物5選!身体を温めると眠りやすい

疲れた体をゆっくり休めるためには、身体を温めてリラックスすることが大切であり、その効果を高めてくれる飲み物があります。

今回は睡眠の質を上げる効果が期待される飲み物を5つ紹介していきます!

睡眠の質を上げる飲み物5選
  • 白湯
  • ホットミルク
  • ココア
  • ハーブティー
  • ホットジンジャー

明日から実践できるものや、寝る前にゆっくりとリラックスできる時間にするためにおすすめの飲み物を紹介していきますね。

浅い眠りでは翌日に疲れが残ってしまうので、寝付けない時や起きたときに疲れが取れていないと感じる場合には試してみてください♪

白湯を飲むと身体が温まって眠りやすく冷え性対策にも

自宅で手軽に試すことが出来るの白湯は、身体が温まり、冷え性改善やリラックス効果が期待できます。

水道水を沸かすだけなので、すぐに試すことが出来ますし、費用もかからないので実践しやすいですよね。

白湯を飲んで身体が温まると、副交感神経が優位となり、リラックスした状態になるのです。

寝る前に温かい白湯を飲むことで、胃腸など内臓から身体が温まり、体内の循環がよくなって、冷え性の改善にもつながるのです!

身体が冷えていると、なかなか寝付けないこともあるので、睡眠の質を上げるためには身体を温めることが大切になります。

  • 白湯を飲む場合は、就寝30分前までに飲むようにしましょう。

白湯が飲みにくい場合は、はちみつやレモンなどを入れてみると、飲みやすくなるのでおすすめです。

ホットミルクで寝つきがよくなる♪飲む時間には注意!

睡眠の質を上げると言われる「セロトニン」を作るのに重要な働きをしているのが、「トリプトファン」を言う成分です。

牛乳には、このトリプトファンが含まれており、睡眠の質を高める効果が期待されます。

さらに、牛乳を温めたホットミルクにすれば、身体が温まるので寝つきがよくなり、自然と入眠することができますよ♪

また、牛乳にはカルシウムが含まれており、これは自律神経の興奮作用を抑制する効果があるとされているのでリラックス効果が期待できます。

ただし、飲む時間には注意が必要で、寝る直前に飲んでしまうと内臓が活性化してしまい、十分の身体が休まらない場合があります。

これは、牛乳に含まれる脂質や糖質を消化するために、胃や脳が活性化するためです。

  • ホットミルクは、就寝1~2時間前に飲むことで、質の高い睡眠効果が期待されます。

牛乳をコップに入れてレンジで1~2分ほど温めればホットミルクができるので、試してみてください。

私がホットミルクを飲むときは、少し砂糖を入れていて、甘くて飲みやすくなるのでおすすめですよ!

ホットココアを飲むと自律神経が整えられて眠りやすい

ココアには「テオブロミン」という成分が含まれており、自律神経を整える作用があるため、寝つきをよくする効果が期待できます。

牛乳で混ぜて飲むと飲みやすくなりますし、トリプトファンの効果も加わることで、リラックスして眠ることが出来そうですね♪

寝る前にココアを飲むなら、ココアパウダーを原料として、砂糖や牛乳が含まれていない「ピュアココア」がおすすめです。

砂糖を入れると甘くて飲みやすくなりますが、寝る前に砂糖をたくさん摂ってしまうと、血糖値の上昇や体重増加に繋がる可能性があります。

  • ホットココアを就寝1~2時間前に飲むと、睡眠の質を高められます。

ピュアココアは苦みが強くて飲みづらいと感じる場合には、きなこを混ぜてみたり、はちみつを入れてみたりとアレンジしてみてください。

ただし、ココアにはカフェインが少し含まれており、お茶やコーヒーに比べるとはるかに少ないですが、飲みすぎには注意しましょう

カフェインに敏感な場合はホットココアは控えて、他の飲み物を試してみてください。

ハーブティーで寝る前にリラックスタイムを作ろう♪

ハーブティーにはノンカフェインの商品も多く、寝る前のリラックスタイムにも安心して飲むことが出来ます。

ハーブには多くの種類があり、睡眠の質を高めるだけでなく、疲労回復や冷え性改善、肌荒れ改善など様々な効果が期待されます。

睡眠の質を上げるのであれば、リラックス効果があるものや、自律神経を整える効果が期待されるハーブを選びましょう。

ハーブティーとしておすすめなのは、カモミールやラベンダーなどリラックス効果が期待できるハーブです。

その中でも、カモミールはクセがなく甘い香りがして、ハーブティーを普段飲まない場合でも美味しく飲みやすい味となっていますよ♪

寝る前にハーブティーを飲むと、身体も温まり、良い香りに心も身体も癒されて、良い眠りにつけそうですよね!

  • 就寝1時間前くらいにハーブティーを飲むと、寝付きやすくなります。

気分を落ち着かせるために、寝る前にハーブティーを飲むことを習慣にしてみてもいいかもしれません。

ただし、薬を服用している場合や、妊婦にはよくない場合もあるので、購入の際に確認しておきましょう。

ハーブには、子宮を収縮させる作用などがあり、出産に影響を及ぼす効果が含まれるものもあるので、医師との相談してみてください。

ホットジンジャーは血行が良くなり身体がポカポカに!

ホットジンジャーはお湯に生姜を入れた飲み物で、パウダータイプの生姜やチューブタイプのもの、生の生姜をスライスしたものなどで作ることが出来ます。

いつでも気軽に飲むために、ジンジャーシロップを作ったり買ったりしておくと、便利なのでおすすめです。

生姜には血行をよくして身体を温める効果が期待され、飲むと身体がポカポカと温まってきますよ♪

温かい飲み物を飲むと入眠しやすくなりますし、そこに生姜の身体を温める効果が加わると、ぐっすり眠れそうですよね。

  • 就寝1~2時間前にホットジンジャーを飲むと、身体が温まり眠りやすくなります。

白湯だけだと飲みにくかったり、物足りなかったりする場合には、試してみてください!

ただし、あまり多くの生姜を入れすぎると胃腸に負担がかかるので注意しましょう。

睡眠の質を上げるために飲み物で控えたほうがいいもの

睡眠の質を上げるために控えたほうがいい飲み物は、カフェインが入っているものや、アルコールを含む飲み物です。

これらは、利尿作用が強く、眠っている間にもトイレに行きたくなって目が覚めてしまう場合があります。

さらに、交感神経が優位になり、興奮状態となることで、寝つきが悪くなってしまいます。

睡眠の質を上げて、身体をゆっくり休めたい場合には、これらの飲み物は控えるようにしてください。

カフェインを飲むと浅い眠りが続いて身体が休まらない

コーヒーや紅茶など、カフェインが入った飲み物は、睡眠の質を下げてしまう場合があります。

カフェインは交感神経を活性化させ、興奮状態を作り出してしまうので、リラックスして眠りにつきにくくなってしまうのです。

また、興奮状態が残っている状態で眠りにつくと、浅い眠りが続くので、寝て起きたときに身体が休まっていない感じが残るかもしれません。

さらに、カフェインには利尿作用があるため、トイレに行きたくなって、夜中に目が覚める回数も増えてしまいますよね。

カフェインの効果に個人差はありますが、カフェインを摂取して30分~2時間程度で血中濃度は最大となり、効果が半分になるまでには2~8時間かかります。

日常的にカフェインを摂取している場合、不眠症状を抱える場合が多く、寝るまでにかかる時間が長かったり、睡眠の質が低下したりするのです。

日中に飲みすぎると夜に寝れなくなってしまう場合もあるので、夕方以降は控えるようにしておきましょう。

そのほかにも栄養ドリンクはカフェインを含むものがあるので、睡眠の質を高めるためにも、飲む前に成分を確認すると良いですよ。

アルコールを飲むとトイレに行きたくなって目が覚める

寝る前にアルコールを飲むと眠りにつきやすくなるため、「寝酒」という言葉も一般的に知られていますよね。

アルコールを飲むと眠たくなりますが、浅い眠りになってしまい、寝ても疲れが取れなかったり、スッキリしなかったりする場合が多いです。

睡眠の質を上げるためには、寝る前のアルコールは控えることをおすすめします。

さらに、アルコールには強い利尿作用があるので、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。

また、寝ている間にのどが渇いてしまうなど、睡眠中にはあまりいい効果ではないですよね。

しっかり身体を休めたい場合には、アルコールは控えて、先ほど紹介した温かい飲み物を飲むようにしてみましょう。

睡眠の質を上げる飲み物はコンビニでも購入可能!

睡眠の質を上げる飲み物を気軽に試してもらうために、コンビニで購入できるおすすめの飲み物を紹介していきます!

コンビニに置いてある飲み物であれば、仕事や勉強で疲れたと感じたときでも、家に帰るまでに寄り道して買うことが出来ますよね。

ネットで注文すると届くまでに時間がかかる場合がありますが、コンビニで購入できるなら買い忘れていても安心です。

疲れているのに眠れなかったり、翌日のためにしっかり休みたかったりした場合には、ぜひ取り入れてみてください♪

カルピスはストレスを緩和して睡眠の質を高めてくれる

クリックル【水・ソフトドリンク】
¥3,780 (2022/12/04 15:47時点 | 楽天市場調べ)

「カルピス」由来のガセリ菌CP2305株が、精神ストレスを緩和して、睡眠の質を改善するものと考えられています。

腸内環境の改善に役立つ機能があると報告される機能性表示食品であり、心理的なストレスを和らげて睡眠の質を高める効果が期待されます。

生活様式の変化や、複雑な人間関係の中で、よく寝たはずに疲れが取れなかったり、ついつい仕事中も眠くなったりしますよね。

健康的でより健やかに日常生活を送るために、最も重要な生活習慣の睡眠に着目した商品となっています。

濃いめのカルピスのような味で、甘いため飲みやすく、朝の目覚めがスッキリしたと感じる口コミも多く見られました。

甘いものがお好きな場合にはおすすめなので、一度試してみてください♪

森永のヤクルト1000では熟睡時間や熟睡度が増加する

ヤクルト1000に含まれる乳酸菌シロタ株は、睡眠の質を高める機能があるとされており、熟睡時間や熟睡度の増加が報告されています。

さらに、朝起きたときの眠気もすっきりと改善されたと報告されているので、寝る前に飲むことで効果が得られそうですよね!

乳酸菌シロタ株には、ストレスを和らげる機能もあるため、継続して飲むことで一時的なストレスの抑制が期待されるのです。

ヤクルト1000は継続して飲むことが大切なので、就寝前と時間を決めて飲む必要はなく、生活の中で取り入れやすい時間帯で問題ありません。

継続して飲むことで、乳酸菌シロタ株は腸内環境を改善する機能もあるため、ヤクルト1000を飲むメリットがたくさんあります。

店頭での購入だけでなく、宅配商品もあるので、自宅に届けてもらえば買い忘れることもなく継続しやすいですね♪

ネルノダは疲労感やストレスを緩和する効果が期待!

「ネルノダ」には、GABAが含まれており、これにより睡眠の質を上げる効果や、疲労感やストレスを緩和する効果が期待されます。

さっぱりと飲みやすいオレンジ味となっており、100mlなので、寝る前にも飲みやすくトイレに行きたくなる心配もありません。

深い睡眠時間の増加や、朝起きたときの気分の良さが改善されるなど、実証データも報告されていますよ!

さらに、寝る前だけでなく、仕事や勉強による一時的な疲れやストレスを緩和する効果も期待されています。

カロリーも少なめで、糖質もあまり多くないので、寝る直前でも気にならずに飲めたという意見がありました。

GABAに関しても実証データもあるので、睡眠の質を上げて、ぐっすり眠りたい場合は試してみてください♪

まとめ

  • 睡眠の質を上げる飲み物は白湯・ホットミルク・ホットココア・ハーブティー・ホットジンジャーがおすすめ
  • 白湯は、水道水を温めるだけなので自宅でも簡単に試せて、身体が温まることで冷え性の改善やリラックス効果が期待できて眠りやすくなる
  • ホットミルクは、牛乳に含まれるトリプトファンが睡眠の質を高めると言われており、寝る1~2時間前までに飲むようにすると良い
  • ココアに含まれる「テオブロミン」は、自律神経を整えて寝つきをよくする効果が期待され、砂糖があまり含まれていないピュアココアがおすすめ
  • ハーブティーにはノンカフェインのものが多く、カモミールやラベンダーなどリラックス効果が期待できるハーブティーがおすすめ
  • ホットジンジャーは、お湯に生姜を混ぜた飲み物で、生姜の血行をよくする効果により身体が温まり寝付きやすくなる
  • 寝る前にはカフェインが含まれているコーヒーや紅茶、利尿作用が強いアルコールなどは避けたほうが良い
  • 睡眠の質を上げる飲み物には、カルピスやヤクルトなどの機能性表示食品もあるので、すっきり目覚めたい場合におすすめ

毎日忙しくて寝る時間も十分に取れない中、短い睡眠時間でも睡眠の質を上げてしっかりと身体を休めたいですよね。

睡眠の質を上げるためには、温かい飲み物やカフェインが含まれていない飲み物であることが大切です。

寝る前にリラックスタイムを設けて、ホッと落ち着く飲み物を取り入れることで、1日の疲れはその日のうちに解消しておきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました