パンドラハウスのオンラインで毛糸は買えない!実店舗で探そう♪ 

広告

パンドラハウスはイオングループの手芸専門店で北は北海道、南は沖縄までと、日本全国に店舗があります。

私もよく行くお店なのですが、テナントではないんですね!

初めて知りました。

パンドラハウスには生地、手芸用品、毛糸や編み物の道具、クラフト関係の材料、ミシンなどが売っています。

以前はあった楽天オンラインショップが閉店してしまったので、オンラインで毛糸を買うことはできません。

ですが、ワークショップを開催したり、オンラインで見たりすることができる毛糸を使った無料のレシピもたくさんあります。

パンドラハウスには「パンドラアプリ」と言って、ポイントを溜められるアプリもあります。

450円(税抜)毎にポイントが付き、ポイントに応じて割引特典があるのでオンラインの機能もうまく活用しましょう。

広告

パンドラハウスのオンラインで毛糸は買えない!

パンドラハウスは350もの店舗があり、品ぞろえも豊富です。

オンラインでのお買い物は残念ながらできませんが、ホームページの商品情報で下見をしてから店舗でお買い物できます。

お得な情報やワークショップなどの情報も確認できるので、ぜひ訪問してみてくださいね。

パンドラハウス楽天オンラインショップは閉店していた

2015年3月9日からパンドラハウスの楽天オンラインショップがオープンしたのですが、いくら探してもありませんでした。

検索候補に「パンドラハウス 楽天」という言葉は入ってくるものの、実態がつかめず。

どうしてだろう?と探っているうちにわかったのですが、どうやら2020年ごろに閉店してしまったようです。

どうして閉店してしまったのかまではわかりませんでした。

「イオンスタイルオンライン」という公式通販の中身も見てみたのですが、残念ながら毛糸は販売されていません。

私も編み物好きなんですが、やっぱり自分の目で見て毛糸の感触や色を確かめたいと思ってしまいます。

同じメーカーの同じ色の毛糸であってもロット番号が違うと微妙に色がちがうことがあるので、こだわる場合は自分の目で見て確かめたいところです。

ハンドメイド好きは実店舗に行くことが多く、オンラインショップの客足が伸びないことが閉店の理由かも知れませんね。

ネットショッピングでは触り心地はわかりませんからね。

ホームページはとても充実している

パンドラハウスはホームページがあり、中身もとても充実しています。

ホームページではお店の紹介から商品情報、特集・セール、手作りレシピ・無料型紙、作品投稿ギャラリー、ワークショップの情報などが見られます。

店頭にはたくさん毛糸を置いていますが、オンラインで毛糸を買うことができないのは残念です。

自粛期間などにオンラインで買うことができれば家にいる時間も楽しいものにできますよね。

パンドラハウスのホームページには、実際に店舗に売っている商品の写真や値段も見ることができるため、家で下調べしてから店舗に出向くという買い方もできます。

店頭にはたくさん毛糸があるのに、ホームページ上の商品紹介ページには毛糸はあまり載っていませんでした。

その理由はなぜか考えたのですが、毛糸というのは季節商品なのです!

春・夏・秋・冬で使う毛糸が違ってきます。

冬にはウール素材やフリース生地のようなフワフワな暖かい毛糸。

夏はジュート(麻)糸や、綿100%のような夏向けの糸が売っています。

すごく変動性のある商品だといえます。

1年中売ることができない商品は載っていないのかもしれませんね。

広告

パンドラハウスには毛糸のレシピが満載‼

パンドラハウスのホームページには毛糸を使った編み物のレシピが数多く掲載されているので、好きな時に編み物ができます。

店頭でワークショップも開催されていて、初めて編み物をする場合もそれぞれのワークショップに参加すれば教えてもらえますよ♪

レシピやワークショップにはたくさんの種類があります。

あなたが作りたいものもきっと見つかりますよ。

毛糸で作れる物は迷ってしまうほどたくさんある

編み物をやってみたい!と思ったときにあなたは「毛糸」で何を編むでしょうか。

編み物といえば、みなさんが作るとよく聞くものを書きだしてみました。

<毛糸の小物><制作時間がかかる物>
ポンポンアニマル帽子
コースターバッグ
ドイリーマフラー
エコタワシベスト
手袋セーター
くつしたブランケット
あみぐるみショール

他にもたくさんあるのですが、少々マニアックなものになってしまうので割愛します(笑)。

その中であみぐるみやエコタワシは不動の人気です。

その魅力は、一つあたり作るのにそんなに時間がかからないから飽きずに作成でき、材料費もそんなにかからずに、可愛いものやカラフルなものが作れるからだと思います。

季節にあまり左右されずに1年中売っている毛糸なので、いつでも手に入ることも人気の一つになりますよね。

あみぐるみやエコタワシはアクリル毛糸を使うことが多いです。

セーターやブランケットになると大きさにもよりますが、毛糸を10玉~20玉も使うので値段も時間もかかってしまいます。

初心者の方にはちょっとハードルが高いのかな、という印象です。

ホームページには無料の手作りレシピが載っている

パンドラハウスのホームページには手作りレシピがたくさん載っています。

編み物や毛糸を使ったレシピが367種類もあります。

先ほど紹介したエコタワシやあみぐるみ、セーターやショール、クッションカバーなんかもありました。

編み物の他にも無料の手作りレシピを多数取り揃えてあり、これだけの種類が載っています。

ソーイング360種類
手編み367種類
レジン82種類
入園・入学グッズ70種類
デコナップ11種類
ズパゲッティ15種類
その他クラフト130種類
ハロウィン仮装34種類

上記の表の中で、デコナップというのはデコパージュとも似ていて、ペーパーナプキンをスマホケースやバッグなどに専用のボンドで貼り付けデコレーションする手法です。

そしてズパゲッティとありますがTシャツヤーンとも呼ばれ、材質はTシャツの生地で、生地を細く割いたエコアイテムになります。

パンドラハウスのオンラインにはこんなにレシピがあってびっくりしました。

レシピは表示して家やコンビニなどで印刷することができます。

表示は「新着順」と「人気順」に切り替えができるので、レシピも探しやすくなっています。

店頭に行って編み図の本を買ったり、ワークショップに参加したりしなくても編み図を印刷すれば同じものを作ることができます。

時間に縛られることもなく、いつでも編み物をすることができるのがいいですね。

くりっぷはパンドラハウスのワークショップ

パンドラハウスには「creative shopくりっぷ」というワークショップがあります。

くりっぷは「ハンドメイドをやってみたいけど、どうしたらいいかわからない」や「本を見ても思い通りにいかない」というあなたと、一緒に楽しさを見つけていく体験型クラフト講座です。

講座内容はフリーコース、資格取得コース、月謝コース、体験会などがあります。

作るものにもよりますが、1回の講座はだいたい60分から120分くらい。

金額は使用する材料の量などによっても変わってくるので、お店でちゃんと確認するようにしましょう。

開催日時、開催内容はホームページで確認、PDFでダウンロードして印刷もできます。

かわいいもの、キラキラしたもの、実用的なものなどが作れます。

ハンドメイドをやってみたい、自分の趣味を見つけたい、という方はぜひお近くのパンドラハウスに足を運んで体験してください。

くりっぷでは子供向けのワークショップも開催しています。

夏休みなどはイベントとして、普段でも子供向けのワークショップを開催しています。

  • 「ぷにょぷにょカラフルボトル」参加費税込880円
  • クリームソーダチャーム」参加費税込1,100円
  • シャカシャカリアル洋食チャーム」参加費税込1,100円
  • キラキラ☆かわいいアクセサリーを作ろう!」参加費税込330円

お値段はだいたい300円~1000円くらいでしょうか。

時間は30分~60分くらい。

子供が飽きずに作業できるように時間も考えられています。

定期的に開催されるイベントもある

パンドラハウスではワークショップや、オンラインでイベントも開催されています。

ワークショップなどに参加して家でできる趣味を見つけることができれば、みなさんの生活が豊かになるんじゃないでしょうか。

オンラインで「パンドラ大賞」というイベントも開催され、グランプリに選ばれるとギフトカードがプレゼントされるようです。

まだまだ自宅待機や自粛というワードが飛び交う世の中ですので、オンラインで参加できるイベントがあるというのはともありがたいですよね。

広告

パンドラハウスのオンラインアプリでポイントを貯める

パンドラアプリはパンドラハウス専用のアプリではなく、「イオンお買い物アプリ」の中にあります。

イオンお買い物アプリのホームを開いて、画面右上のスタンプマークをタップするとスタンプカード画面が出てきます。

その中で、パンドラハウスのスタンプカードを選びます。

パンドラアプリにはオンライン上にスタンプ機能があり、お買い上げに応じた数のスタンプがもらえます。

(九州・琉球はオンラインではなく紙スタンプでの対応となります。)

なんとパンドラアプリ(イオンお買い物アプリ)は年会費・入会金無料です。

紙スタンプカードを持っている場合は、オンラインのアプリスタンプへの移行作業を店舗にて行っています。

アプリスタンプ限定になりますが、ミシン・教室以外の税抜450円毎にスタンプ一個押印。

1万円(税抜)以上のミシンの購入の場合は、一律スタンプを22個押印となります。

スタンプの個数に応じた割引率はこちら↓

<スタンプ数><カードの種類><割引率>
0~19個Start会員0%
20個ブロンズ会員5%OFF
60個シルバー会員7%OFF
100個ゴールド会員10%OFF

パンドラハウスはスタンプ数が増えれば増えるほどランクアップして割引率が上がるんですね。

【450円×20スタンプ=税抜9,000円】→ブロンズ会員

【450円×60スタンプ=税抜27,000円】→シルバー会員

【450円×100スタンプ=税抜45,000円】→ゴールド会員

各ランクのスタンプカードの新規発行日から一年間の間に一定のスタンプ数を下回ってしまうと、ランクダウンとなってしまいます。

ゴールド会員だと1月平均4,500円ほどの買い物をすればスタンプが貯まる計算になります。

手芸やクラフト、編み物をよくする人や趣味としてやっている人には1年で50,000円というのはそんなに難しいものではないのかもしれません。

広告

まとめ

  • 以前はあったパンドラハウスの楽天オンラインショップが閉店してしまったので、オンラインで毛糸を買うことはできないが、ホームページの商品情報で下見をしてから店舗で買い物できる
  • ホームページではお店の紹介から商品情報、特集・セール、手作りレシピ・無料型紙、作品投稿ギャラリー、ワークショップの情報などが見ることができる
  • 毛糸で作ることができるものの中であみぐるみやエコタワシは不動の人気
  • パンドラハウスのホームページには編み物や毛糸を使ったレシピが367種類もある
  • パンドラハウスではワークショップや、オンラインでイベントも開催されている
  • くりっぷとは、「ハンドメイドをやってみたいけど、どうしたらいいかわからない」人や「本を見ても思い通りにいかない」人と一緒に楽しさを見つけていく体験型クラフト講座のこと
  • パンドラアプリにはスタンプ機能があり、お買い上げに応じた数のスタンプがもらえる

楽天オンラインショップがなくなっていたのは衝撃的でした。

ですが、ホームページはとても充実しているもので、隅から隅まで読んでみるとハンドメイド好きの私には楽しい情報が満載でした♪

パンドラハウスのアプリのスタンプ機能を上手に使ってお得に買い物ができるとより楽しめますね。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました